スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(82)ぼくとママの黄色い自転車

 二十四節気では、
先週8月7日に、もう立秋を迎えました。
梅雨明けというのに、大雨洪水警報まで出て、
昨日はたいへんでした。
また、四国南海上の熱帯低気圧も、おそらく台風になるだろうということで、
仮に四国上陸しても、被害がなければいいのですが、やはり気になります。
恵みの雨がほしいけれども、災害があっては元も子もありません。

 それにしても、大勢の方が、こういうときには、持ち場について、
私たち県民の安全確保にために、がんばっていることを、
忘れてはいけないと思います。
私自身も過去に防災業務を2年経験して、
私たちが当たり前の生活を意識することなく過ごせているその背後には、
実に大勢の方の陰の力があるのかということを身をもって体感しました。
特にこのような自然災害が発生するかも知れないときなどは、
皆さんの予想以上の人々ががんばっていることを
忘れてはならないと思います。

 当たり前の生活を意識せずに過ごせていることこそが、
ほんとうの幸せなのだということを知り常に理解することこそ、肝要です。
当たり前の生活、これを維持するためにどれほど多くの人の尽力が
あるかということ、忘れてはならないし、
当たり前の生活を過ごせること自体が、
実は本当は幸せであることなのであって、
当たり前の生活に感謝しなければいけないと思います。

 朝、自力で起き、洗面でき、トイレにも行けること、
ご飯が食べられること、蛇口をひねれば水がでること、
すべてが当たり前ですが、
それが出来ない人も大勢いることに気がついてほしいと思います。

 日ごろから、多くの人に感謝すること、
自然の恩恵、さらには、
野に咲く草花の美しさに目をやること、
夜空の星の美しさに感動すること、こういうことを
もっともっと意識する生活を過ごしたいものです。

 七十二候では、
立秋の初候の涼風至(涼しい風が立ち始める)から
次候の寒蝉鳴(蜩=ひぐらしが鳴き始める)への移りの候です。

●四国霊場88サイクル駅伝スタート
 四国88ヶ所の世界遺産登録の後押しと、
遍路道・遍路文化のすばらしさをPRするために
4年前に立ち上げたこの自転車駅伝も、今年で5回目をスタートしました。
 善通寺をスタートして、香川、徳島、高知、愛媛、
そして香川に再び戻って
善通寺にゴールするサイクル駅伝。
今年は230人が参加しています。
全行程約1,400キロを9日間で巡る自転車駅伝。

 今年は、真鍋知事も、最初の区間である善通寺(75番札所)から
金倉寺(76番札所)までを
「てくてくさぬきのワッペン」をTシャツの肩口に貼って
軽快に走りました。
 また、高木副知事も、最終走者として、
甲山寺(74番札所)から善通寺まで、走る予定です。

 私は、今年も参加させていただき、
今年は、85番札所八栗寺から、86番札所志度寺を経由して
87番札所長尾寺までを
昨日日曜日に楽しく走ってきました。
 特に志度寺から南の長尾寺に向かう夕暮れ時の遍路道は、
西の空の夕焼けの茜色がとても美しく、
また東の空には虹も出て、風も心地よく、たいへん楽しかったです。

 ○四国霊場88サイクル駅伝

  http://88.adonet-web.com/

 私の走行写真アップされています。

 昨日の日曜日は、あいにくの大雨で走者もたいへんでしたが、
事故もなく、16日には、無事善通寺に帰ってくることを願っています。

 で、走行後、コトデンで長尾駅から高松に向かって帰る時に、
ガラガラだと思っていたターミナルの長尾駅に止まっていた
コトデンの2両の電車に、大勢の家族連れやカップルが大勢乗っていて、
びっくり。
 次駅の公文明駅、そして井戸駅、白山駅と過ぎ去る毎に
さらに大勢の乗客が乗り込んできて
いったい何事があるのかと驚いていると、
池戸(いけのべ)駅で、ほとんど全員が下車。
何事かとつられて私も予定外の下車。

 そうなんです、そこでは池戸七夕まつりが開催されていました。

  ○池戸七夕まつり
 
  http://www.ne.jp/asahi/tkr/photo-gallery/o14.htm

 コトデン池戸駅前から、ミニ商店街をあっと言う間に過ぎて、
メインステージのある三木町商工センターを経て、
荒神社のお化け屋敷会場までで、七夕まつりが行われていました。
特に三木町商工センター周辺は、三木町の住民の多くがそこに
集まってきたかのような大にぎわい。
露天のお店も数多く立ち並び、
人口密度1平方メートルに10人くらいの混雑度。すごかったです。
1952年に始まり、既に58回目。歴史はあります。
商店街はほんとに寂れてしまっていますが、
店の前に座っていた地元のおばあちゃんに伺うと、
ここがにぎやかな時には高松にでなくても、
ここで十分買い物ができたということでした。
今は名ばかりの商店街になってしまったと寂しそうでした。

 ステージでは、マジックショーや阿波踊り、
よさこい踊りなどが行われると
プログラムではありましたが、地元の祭りなのに、
地元らしさがあまり感じられませんでしたが、
訪れた人は、久しぶりに友達と再会したり、
近所同士の交流があったりして、
耳をすませると、地元ならではの会話盛りだくさんで、
久しぶりの再会も歓声もあがって、
露天商のにぎわいとともに、
いい祭りの雰囲気は感じられました。
 贅沢言えばキリがありませんが、
ほのぼのするお祭りというのが、印象でした。
日曜日は、悪天候のため中止したとか。
残念です。

●映画「ぼくとママの黄色い自転車」公開迫る!
 小豆島の美しい自然を取り入れた、小豆島ロケの作品
「ぼくとママの黄色い自転車」が、いよいよ8月22日に
全国47館で公開されます。
香川では、ワーナーマイカルシネマズの高松と綾川の2館で上映されます。
原作は、新堂冬樹氏の「僕の行く道」で、
監督は、映画「子ぎつねヘレン」の監督河野圭太氏です。

 私も試写会で見せていただきましたが、ラストシーンは、
不覚にも涙がこみ上げてきました。
実にいい映画に仕上がっていますので、ぜひご覧ください。
お勧めです。爽やかな感動が残ります。

 ひと夏、少年が思いを抱く母親に会うために500キロの
道のりを愛犬を連れて旅するわけですが、
道中の少年に関わる人たちのエピソードも、よくある話ですが、
うまくまとめていて、最後はやはり小豆島の自然がやはり効果大です。

 愛犬アンの演技はさすがです。
要所要所で、実に巧みな動きをします。
それと、西明石で知り合った同じ年の女の子。
彼女(梅原真子=うめはら まこ)の演技はすごいです。
将来、何か大女優になるようなそんな気がするほど、
抜群の存在感があります。
それとなんといっても、鈴木京香の演技。
難しい演技ですが、実にうまいです。

 そして、この映画を見て、素敵な小豆島を訪れてみて
ください。いやぜひ行きたくなるはずです。
県観光協会では、ロケ地マップをこのたび作成しました。
その中に、最近特に脚光を浴び大勢の人が訪れている
「エンジェル・ロード」、
トレヴィの泉を模した銚子渓お猿の国の「愛の泉」、
そして反響音が鳴き竜現象を引き起こすというオリーブ公園内の
「エリエストローダ」(ギリシャ語でオリーブの輪)などの
幸せスポット巡りも掲載していますので、
ぜひお訪ねください。

 映画のラストシーンは、さだまさしの
「抱きしめて」、実にいい歌です。胸に熱いものがこみ上げてきます。

 それにしても、かつては、韓国映画「私の頭の中の消しゴム」などで
問題とされたこの映画のテーマ、
悲しい病気です。

 ○ぼくとママの黄色い自転車 公式ウエヴサイトです。

   http://www.bokumama.jp/

◎情報コーナー
 栗林公園では、暑い夏でも公園散策をお楽しみいただけるよう、
様々なおもてなしを用意してお待ちしています。
南湖(なんこ)に架かる偃月橋(えんげつきょう)周辺では
サルスベリが見頃となりました。
 緑濃い樹木の木陰を散策すれば、にぎやかなせみの鳴き声に
栗林公園の夏を実感でき、時折吹き抜ける涼やかな風に癒されます。

 夏休みを利用して、この機会にぜひ、公園散策においでください。

★★★納涼プレミアム★★★
 歴代藩主の愛した「掬月の間」で、大名気分でゆったりと涼を
とっていきませんか。園内散策でかいたたっぷりの汗も、さわやかに
吹き抜ける風で涼やかに癒されます。

 期 間:8月8日(土)~8月16日(日) 9日間 
 時 間:9:00~16:30
 場 所:掬月亭(きくげつてい)

 プレミアム① お茶とお菓子のセットが特別割引価格
        抹茶+菓子 通常料金710円→500円
        煎茶+菓子 通常料金500円→350円
       (いずれも大人料金。子ども料金も割引あります。)
       (さらにお得な入園料とのセット券もあります。)

 プレミアム② この期間限定、掬月亭でしか味わえない栗林公園
        オリジナルの夏の涼菓をご用意。
        「三つ星認定記念 三つ星金箔入り生菓子」
                (期間中、毎日先着100名)

 プレミアム③ 抹茶は夏バージョンの氷入り「冷抹茶」もご用意。

 プレミアム④ 切り絵版画家 竹内守善氏デザインの栗林公園
        オリジナル丸亀うちわプレゼント
                (期間中、毎日先着100名)

☆☆☆納涼ガーデン☆☆☆
 生酒やさぬきうどんなどの飲食物の販売と竹細工など民芸品を展示即売。

 期 間: 8月12日(水)~8月16日(日) 5日間
 時 間: 10:00~18:30(最終日は16:00まで)
 場 所: 商工奨励館前

【問合せ先】社団法人香川県観光協会 高松支部(栗林公園観光事務所内)
      電話087-833-7411

○むれ源平石あかりロード2009
「胸のここに優しさひとつ 石あかり灯す笑顔ふたつ」
===================================================================
 石あかりがぽっと灯った夕暮れ、この町にあなたの思い出を探しに
来て下さい。
 にぎやかな石あかり月あかりライブが週末に楽しめます。

 点灯時間:夕暮れ時から午後10時まで(期間中毎日)
      特に夕暮れ時をお勧めします。
      石あかり自体もよくわかっていいです。

石あかり月あかりライブatむれ洲崎寺
(8/15を除く毎週土曜日 午後7時~)
・石あかりガイドツアー
・げんぺい史跡ガイド
・石あかり手作り工房「入船屋」(予約制)
・げんぺい屋台&軽トラショップ
・石あかりショップ
・8/22(土)ゆかたデー
  浴衣で来られた方に先着で記念品を差し上げます。
  (洲崎寺前案内所にて受付 午後6時30分~午後9時)

 【期間】8月1日(土曜日)~9月23日(水曜日)
 【場所】「ことでん八栗駅」から北に約1kmの旧庵治街道沿い
     (ことでん八栗駅すぐ)
 【問合せ先】むれ源平石あかりロード実行委員会 讃岐石材加工組合    
        電話 087-845-2446

  車の駐車場も用意していますが、
 コトデン八栗駅前がもう会場に直結です。
 ぜひとも、電車やバス、JRなどの公共交通機関でお越しください。

    http://www.ishiakari-road.com

スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。