スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(8)恋するトマト

「雨水」を前に、寒さが一層厳しくなりました。
日曜日には、日中、粉雪が何度も舞いましたが、
そのときに、窓から見る冬の瀬戸内海は、いくつもの白波がたち、
その上空で巨大な白いカーテンが揺らめいていて、
粉雪を降らせる様が、なんとも言えずダイナミックでした。

 お風邪など、召していませんでしょうか?

 最近、英会話教室で教えてもらったのですが、
風邪引いて、鼻水たらたら、涙ぼろぼろなど悲惨な状況を
「streaming cold」というのだそうですが、言いえて妙な表現ですね!

 どうか、くれぐれも風邪等召しませぬように、
ご自愛ください。

 今年になり、連日夜中に、国道11号、観光通り、そして
丸亀町商店街までも、電気、水道、ガス、電柱地中化工事など、
道路工事ラッシュです。
特に商店街は、おかげでカラー舗装ががたがたです。
まだまだ綺麗なカラー舗装、ほとんどの人がもったいないと思っています。

 特に、丸亀町商店街がそうですが、
工事の責任者が、しっかり工事の内容、必要性、緊急性などを
説明しておかないと、
従来の予算消化のための年度末の道路工事と受け取られかねません。

 工事の警備員の中には、男性に混じって女性も何人かいます。
厳寒の中、ほんとうにたいへんな仕事ですし、
猛スピードで横を通り抜ける車もあって、
危険な作業です。

 おじさんや女性が、親切に誘導してくれるので、
「ありがとうございました。おつかれさま、
風邪引かないようにしてください!」と声かけすると、
「ありがとうございました!」と深々と頭を下げて挨拶してくれました。
ほのぼのとした気持ちにさせていただきました。

 ただ、寒空の中、商店街のベンチに、
青いシートに包まって寝ている男性もいました。
 普段は別に気にしないのですが、最近のあまりに凍てつく寒さに
思わず「大丈夫ですか?」と声かけしました。
 すると、体を少し動かし、「大丈夫!、大丈夫!」との返事。

 「よかった、生きている」、と思いつつ、
少し不気味だったので、それ以上は話しかけませんでしたが、
次の日の夜に気になって同じところに行くと、
そこにはもう誰もいませんでした。
大丈夫だとは思うのですが・・・。
この寒空は堪えます。
なんとか、寝る場所でもあればいいのですが・・・。


●香川スペシャル「栗林公園」について
 多くの方から、2月15日金曜日 NHKテレビ
香川スペシャル「栗林公園」を見たよって、
県庁以外の方からも、メールをいただいたり、
電話をもらったり、声かけられたりしています。
ありがたいことです。

 湖面に船を浮かせての撮影、撮影期間中に運良く恵まれた雪、
早朝の水蒸気霧など、普段見ることができない映像など、
映像が特に素敵だったという人もいれば、
公園の改めてその素晴らしさを知って、
また近々訪れるつもりだという人、
歴史的なこともわかり、また、見ているはずの景色なのに、
そんな素敵なところあったの?などと驚きの意見も多くいただいています。

 ぜひとも、生のお庭の国宝の素晴らしさを、
現地を訪れ体感してほしいです。

 出演されたバイオリニストの川井さんも、
撮影中は、皆さんと同じように一歩一景で驚かれ、感動されていました。
高校時代に何度も訪れていたはずなのに、今歩いているこの公園は、
まったく別物のように私をとりこにするとも言われていました。
 たいへん控えめな方で、よく気のつく気配りある女性で、
それでいて、横にいるとオーラのようなものを感じる素敵な女性でした。

 お庭の国宝ばかりでなく、県民の誇りでもある
ふるさと出身の世界的なバイオリニスト川井さんの
今後の活躍を改めて応援したいと思います。

 仕事などで番組を見逃した方、オンエア自体を知らなかった方などの
人々のためにも、ぜひとも、再放送をお願いしたいものです。


●映画「恋するトマト」をぜひご覧ください!
 2月2日に、県民ホールで上映されたので、
ご存知の方もおられるかも知れませんが、
現在、映画、テレビなどで大活躍の大地康雄さんの、
企画、製作総指揮、脚本、主演(監督は、南部英夫さん)の
4役で大活躍している、構想13年の映画、「恋するトマト」を
ぜひご覧ください。

 実は、偶然にもある県議と部内の女性職員に勧められていたのですが、
時間が取れなくて、そしてようやくDVDも借りられて
結局は、土曜日の夜に見たのですが、
実にいい映画でした。感動しました。
夜中に不覚にも涙してしまいました。

 それでぜひ皆さんにお勧めしたくて、
この話題を提供させていただきました。

 この映画は、日本の多くの農家が直面している農家の後継ぎの
結婚難を題材に、
農家の中年男性と、遠くはなれたフイリピンの美しい女性の
切なくいとおしい恋を描いた珠玉のラブストーリーです。

 また、じっくりと脚本、撮影に取り組み、
例えば、フイリピンでは困難といわれていた大玉トマトの栽培を
実際に比国で行い、それだけで6年も要したという貴重な映画です。

 大切なものは、土、水、太陽、そしてあなたというキャッチコピーは
信頼を裏切りません。

 2国間の厳しい現実も直視して淡々と描かれています。
考えさせられる場面が多く、現実のすさまじさに
驚くばかりです。

 主人公が恋する女性クリスティナは、
フイリピンのトップ女優であるアリス・ディクソンが演じていますが、
彼女の優しさ、暖かさは、思わず魅了されてしまいます。
実にいい映画です。

 レンタルビデオショップで、DVDを借りることができますので、
ぜひだまされたと思ってみてください。

 感動します。実にいい映画です。
お勧めします!おひとりではなく、ベターハーフでも友達でも、
子どもたちとでもいいですから、一緒にみてください。

 そして、この映画を見たあと、
日本の農業、フイリピンのこと、少しでも考えていただければ幸いです。

 大地康雄さんは、この映画の製作で、
現在かなりの借金を背負っているようですが、
こういう作品こそ、大手映画会社が取り上げてほしい作品です。

 映画っていいなと、思わずにはいられませんでした。


シルク・ドゥ・ソレイユ、ご存知ですか?
 「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、太陽のサーカスという意味の
フランス語ですが、発足以来、世界で大評判のサーカスカンパニーです。
 実際にご覧になった方も多くおられると思いますが、まだ知らない方は、
機会があれば、一度ご覧ください。
「すごい!」の一言です。

 なぜ、このようは話題を提供するのかというと、
実は、今年の10月に、東京ディズニーリゾート内に、
常設劇場(シルク・ドゥ・ソレイユシアター東京)が
いよいよオープンするからです。
 うそのような素敵な話で、今から胸がワクワクします。
 既に建物の外観工事はほぼ終わり、
今は、内装工事に入っています。

 なぜ常設劇場ができれば、すごいのかということですが、
シルク・ドゥ・ソレイユ」では、常設の劇場で
上演するもの(レジデントショー)は、
劇場自体をその上演劇に併せて建設しているため、
常設劇場でなければ上演されない演目があるからです。
 そして、グレイド的にも、かなり上回っているからです。
そのレジデントショーは、実は劇場は、アメリカ本国以外にはなく、
今回世界で始めて、国外に常設劇場ができるからです。

 常設劇場以外で行うものを「ビッグトップ」(通常テント)と
言っていますが、
演目は、「サルティンバンコ」、「アレグリア」、「キダム」、
「ドラリオン」、「ヴァレカイ」、「コルテオ」、「デリリアム」、
「アーザ」の8つのツアーショーであり、
日本で上演されたものは、すべてこの中のものなのです。
皆さんもいくつか見られているかもしれません。

 現在、レジデントショーは、すべて専用劇場のある
アメリカでしか見れません。
 最初のショーである「ミステール」、
ディズニーとのコラボ「ラ・ヌーバ」、
巨大舞台施設で有名な「カー」、水のシアター「オー」、
官能的なショー「ズーマニティ」、
ビートルズをモチーフにした「ラブ」、
そして、NYで冬季限定のショー「ウィントゥィク」です。

 それが、今年の10月からは、東京で見れるのですから、
これはすごいことなのです。
 東京に続いて、世界規模でも話題爆発の、マカオ、ドバイなどでも
引き続いて、建設されます。

 歴史は浅く。1984年にカナダで始まったショーですが、
すでに、7千万を超える人が見ているといわれているこのショー!

 詳しくは、下記のURLをご覧ください。

http://www.cirquedusoleil.co.jp/new_tokyo_show/theatre.php

 サーカスではありませんが、
韓国ソウルでも、世界的に興行で大成功させた「NANTA(ナンタ)」の
常設劇場ができていますが、
これだけ見るだけで訪韓しても、十分もとが取れるほど、
素晴らしいキッチン劇となっています。
アシアナ便を利用して、ぜひ「NANTA」を観劇してみてください。
間違いなく感動します!

小豆島のチケット売り場の係員の対応について

先週は、小豆島のチケット売り場での対応のまずさ、
何とかしたい一心で
いやなことも書かせていただきました。
反響の大きさにたいへん驚いています。

 2通以外は、皆さん、思い当たることがあって、
これは、やはり現実は厳しいと思いました。

 ただ、小豆島より、高松のタクシー、琴平のみやげ物店の方が、
全然対応できていないというメールも2通いただき、
確かにそういう指摘も納得できました。

 ただ、今回、数通いただいた窓口の実態は、
何ヶ月間のことであり、全然対応が変わっていないこと、
実際、そのときに注意したにもかかわらず、
真剣に聞いていただけなかった事情もあって、あえて
書かせていただきました。
こういうとこ、しっかり押さえていないと、
結局は、不愉快にさせるだけで、
悪いうわさは、口コミで広がります。
これではいったい何しているのかわかりません。

 民間の方、素晴らしい人も多いですが、
こういうとこ、ええ加減な人もいて、
もっと配慮すれば、もっと観光客の立場に立って行動すればと
思うこと、たびたびあります。

 ほんとうにもったいないです。

 観光のサービスは、感動を与えることです。
感動を知った観光客は、その感動に逢いたいがために
多額のお金も惜しみません。

 商売はそういうことだと思います。
 
 少しの工夫で、気遣いで、
大きく人は感動します。

 小豆島はいろんなところでつながりがあって、
大好きです。ぜひとも小豆島をもっと盛り上げていきたいです。
これからもよろしくお願いします。

 今から直せばまだ十分間にあいます。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。