スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(70)これぞミシュラン三ツ星庭園のおもてなし !

二十四節気では、5月21日は小満
小満とは、麦畑が緑黄色に色づくなど、
万物が成長して、一定の大きさになることを言います。
すべてにとって、実にいい時候です。

 七十二候では、
竹笋生(筍が生えてくる)から
蚕起食桑(蚕が桑を盛んに食べ始める)への
移りの候です。

 昨日16日(日)、大阪で
大阪香川県人会の平成21年度定時総会が開催され、
総会終了後の懇談会時に、貴重な時間をいただいて、
お話しする機会を設けていただき、
てくてくさぬき ~ふるさと香川の再発見~」のお話を
させていただきました。

 香川をふるさととする諸先輩方の前で、
たいへん拙い話で、また懇談会の真っ只中ではありましたが、
最後まで、熱心に聞いていただいてくれた方々もたくさんおられて、
ほんとうに感謝しています。

 講演のあと、わざわざ私の席までお越しいただけた方も
10数人ほどおられました。
皆さん、ふるさと香川、ふるさとさぬきに対する
熱いそれぞれの思いを持っていて、それが伝わってきて、
ほんとうに離れてわかるふるさとのよさ、実感しました。
話を聞いて、久しぶりに香川を訪れてみたくなったと
言われた方も数人して、
講演をさせていただいた甲斐もありました。
ほんとうにありがとうございました。

 香川の魅力は、ほんとうに時間が足りないくらい
たくさんあります。
ぜひとも、機会を捉えて、県人会の皆さんには、
積極的な情報発信ができればと思います。
県人会の皆さんのふるさとに対する熱き思い、
これは歳を重ねる毎に強くなっていきます。
その思いに何とか応えていきたいものです。

 ところで、
講演の時間では語りきれない香川の魅力があると、
講演後にいつでも読んでいただこうと思って、
前日懸命にたくさんのレジュメ資料を作成して、
すっかり帰宅が遅くなってしまいました。
 早く寝なければと思って、
お風呂から上がって、深夜のテレビをみたのがいけませんでした。
結局4時前まで、最後まで見てしまいました。
というか、もうテレビの前で、涙が止まりませんでした。
途中で切り上げて寝るなんて、到底できませんでした。

 「余命1ヶ月の花嫁」ドキュメントの2時間番組でした。
この話は、映画化され、小説になっていて、
話題になっており、もう皆さん話の内容は
十分ご存知だと思います。

  http://www.tbs.co.jp/hanayomecaravan/tv/

 花嫁の名は、
父親が、たくさんの幸せの恵みを得るようにと名づけた
長島「千恵」さん。

 人間の命って、こんなにも簡単に神に召されるものか、
はかないものか、また、生きる意味、生きていること自体の素晴らしさ、
命ってこれほどまでに人を感動させるものかと
思いました。

 彼女は、1人っ子。両親に大事に育てられたのに、
学生時代に、母親を卵巣癌で亡くします。(享年53歳)
残された父親娘の2人で懸命に生きてきたのに、
運命は残酷でした。

 歳をとってきたのか、久しぶりに、号泣泣きました。
涙が止まりませんでした。
翌朝は目が真っ赤でした。
ぜひ出来るだけ多くの方に見てほしい番組でした。

 ドキュメント番組だけに、彼女自身が、
テレビの中で笑っています。
ほんとうに健気なかわいい彼女です。
結婚式の彼女の微笑む姿を見て、
誰が余命1ヶ月と思うでしょうか。

 彼女の言葉が、今でも残っていますし、
これからも私の心にずっと刻まれていきます。

 「明日を迎えられるのが奇跡とわかった人は幸せなのですね・・・」

 でも、自分だけは大丈夫との保証はまったくありません。
明日はわが身かもしれません。
一日一日を、悔いのない日々にしないといけません。
あっという間の人生、大切にしたいです。

 大阪で数人、この冒頭の話がよかったと
言ってくれた方たちがいて、確かに皆さん、
講演の間、相槌打ってくれたりして、特に熱心に
聞いていてくれてました。
心の底から感謝です。

●これぞミシュラン三ツ星おもてなし
 三ツ星庭園「栗林公園」で、今、観光客の人気をさらい、
話題沸騰しているのが、以前にもぼかしながら
皆さんにお伝えした
東門南の出口で行われている「靴磨き、靴の埃払い」サービス。

 もう何社かマスコミにでていますので、
皆さんご存知の方もおられると思いますが、
光頭会の皆さんの意向で今のところ、
マスコミへの資料提供は一切していない中での反応。
でも、ほんとうにとってもほんわかな話題です。

 栗林公園が、2009年3月、
ミシュランの観光地ガイドグリーンガイドで三ツ星に認定されたことを
記念して、何か三ツ星評価にふさわしいおもてなしができないかと
考えていたところ、
グラフィックデザイナーの藤本先生の紹介で、
お会いしたのが、「光頭会」の皆さん。

 ふるさとのために何か貢献できないかと、
光頭会」の皆さんが、昨年満月の夜に集まって決めたのが、
社会を自分の頭以上に磨きたいということで、
まず、カーブミラーの清掃を始めたところ、
清掃後の清涼感、達成感など、なんともいえないほど、
心が暖かくなって充実して、過去に経験したことのないような
いい気分になって、これはいいということで、次にチャレンジしたのが、
トイレの便器磨き。

 そして、その直後に、
私が、以前から栗林公園の課題である靴の埃についてなんとかしたいと
考えていたことを、藤本先生が覚えておいていただき、
私に紹介してくれたのです。

 私は、この話を聞いたときは、ほんとうに飛び上がらんばかりに
うれしかったですし、それから今日まで、
光頭会」の皆さんのことを思うと、自然に笑みがでて、
また、実際に靴磨きをしている現場まで何度か行って、
そのたびに心がほかほかしています。

 「光頭会」の皆さんにはほんとうに心から感謝です。
ありがとうございます。
 
 晴れた日に栗林公園を散策すると、
多くの方は、その素晴らしさに感動してくれますが、
実は、靴が土埃で真っ白になるとは考えてもいません。
全然気がつかなくて、次にたとえば、食事するために
靴を脱いで初めて、靴のひどい埃汚れに気づくわけです。
黒い革靴は、なんと真っ白です。
また、ズボンの裾も埃まみれです。
そのときには、時既に遅く、食事所の係りの方が居ようものなら、
恥かいてしまいます。
靴の汚れは、ほんとうに気になります。

 この時点で、栗林公園の素晴らしい感動は、
まったく失われてしまいかねません。
これでは公園の素晴らしさも吹っ飛び、
何のためかわかりません。

 この対策のために、公園事務所も考えていただき、
手作りのはたきを出口に置いてくれまして、これはこれで
好評なのですが、しかし感動は得られません。
どうせなら、埃まみれの失望から、感動を産み出すにはということで、
この靴磨きにはかなうものがありません。
ただ、誰がするかということで、
頭を悩ましていました。
私がとも考えましたが、継続が肝心で、
ボランティアガイドしながらも、継続できるのかということが
大きな課題となりました。
途中で投げ出しては意味がなく、継続こそが肝心です。
  
 でも、いざというときには、私自らでもと思っていた矢先でしたから、
今回の「光頭会」の皆さんの申し出は、飛び上がらんばかりでした。

 全国こういうサービスはどこでもやっていませんが、
それは裏を返せばビジネスチャンスにもなります。

 そして、案の定、「光頭会」の皆さんの活動は、
感動を呼んでいます。
もう私がどうこう言うよりも、「光頭会」の皆さんからいただいた
手紙を読めば、それがよくわかります。
 ここにメールの送信者のお許しを得て、披露させていただきます。

 以下、「光頭会」の世話人から先日いただいたメールです。
感動がほんとうに伝わってきます。
ぜひじっくりとお読みください。


 
 
 
与一の矢 様
いつも、心遣いありがとうございます。
4月25日~5月6日までの間8回の、靴のほこり掃いを行っての
声を箇条書きですが、書き留めてますので送らせていただきます。

私個人としましては、とても楽しくやらせていただいてます。
私は常々色紙に「いいひとに、いいであい」という言葉を
書いてるのですが、 まさに、その精神で人に接していきますと、
確かに相手からも笑顔とか感謝の言葉をいただけてます。

「気持ちを素直に表わす!」
このたびのような行為は、それに尽きると思います。

今後ともご支援いただき 「いい故郷づくり」に微力ですが
お手伝いできればと思っています。 

◎光頭会
 栗林公園東出口においての靴のほこり掃いに寄せられた貴重な言葉

  対象年齢は4、5歳~老若男女

【お客様の声】
●こんなの初めて~~
●わぁ~すご~~い!
●有難うございます
●いいんですかぁ~
●ほんと 綺麗になりました~
●あ~こんなんしてくれたら、嬉しいなあ~ 
●大サービスじゃなあ~
●こんな親切、初めてです!
●どっこにも、なかったですねぇ~こんなの嬉しいです!
●看板を見て最初意味不明だったが、帰ってきてやっと分かった。
●嬉しいなあ~嬉しいなあ~
●水戸の偕楽園に言わないといかんな~(横浜の人)
●凄いねぇ~
●なんか申し訳ないです~
●横に箱置いて、気持ち入れてもらって、団体に寄付すればいいのに・・・
●このもてなしは、日本ならではの発想やねぇ~
●目上・年上のひとに、こういうことしてもらうことはない(ネパール人)

【お客様の様子】
●志をと財布をひろげようとする人がおられた。
●靴を脱いで、台に乗せる人がおられた。(恐縮して)
●モップを持って。自ら掃う人がおられた。(申し訳ないからと)
●申し訳ないからと 去って行く人もおられる。
●ほこり掃いは遠慮するが、「ご苦労様」と声をかけてくれる人もおられた。
●ニュースをみられて、記念写真を撮られる方もいました。

 (いただいたお金は、まとめて寄付を考えています)

【お客様からの質問】
●この辺りに美味しいうどん屋はありませんか?
●どれくらい廻るのに時間かかりますか?

【光頭会に対して】
●楽しそうですね~
●いいですね~こういう仲間作りって。
●これ、ボランティアですか?
●続けて頑張ってください(インドネシア人)
●いいことなさってますね~
●助かりますよ、ほんとに~
●わしも会にはいれるかなあ~
●会員の人のにこやかな笑顔見て感動してます。
●県の職員の方ですか? と 問われました。
●青森の方がおられ 鶴田町の禿増す会のことを話された。
●立派なことをなさってますねぇ~
●記念写真を撮ってあげると写真送料と活動資金にと1000円を戴きました。


【行っての感想】
●声かけの難しさ大切さを実感いたしました。
●毎日、反省点は改善し、一層喜んでいただけることを考えるのも楽しい。
●私たちも栗林公園について勉強するようになりました。

 以上です。
よろしければ、栗林公園まで出かけて、また覗いてみてください。
感動します・・・。


●それにしてもすごい熱気でした、
 アロハフェスティバルIN高松2009 
雨にはたたれましたが、盛大に開催されました。
 
 15日(金)から3日間、連日20時まで
サンポート高松で、アロハフェスティバルIN高松2009が
開催されました。
 
 今、空前のアロハブームで、
なんとこのフェスティバルは、本場ハワイ州観光局も後援してましたが、
会期中は群馬県からなど、県外からの参加者も多く、
また、県産品の出店も小豆島や香川を盛り上げようとする
熱い思いのある方たちが出店していました。
それだからこそ、すごい熱気でした。
私もそういう方たちのお店を1軒ずつまわって
挨拶させていただきましたが、熱気は伝わってきました。
ダンサーも、約800人、ブースも地産地消のお店を中心に、
食事提供、物販で44店舗出店したようです。
それにしてもステージでほんとうに楽しそうに踊っている
女性の皆さんの穏やかな表情が印象的でした。

 今回、急な用務の都合で、
てくてくさぬき 香川の宝もの」のことが
ステージでお話できませんで、ご迷惑をおかけしましたが、
今後とも、応援エールを送り続けたいと思います。

  http://alofes.ashita-sanuki.jp/

●腰が抜けるほど感動する茶庭や茶室が、体験できます。
  5月24日(日)、9時30分に、
  高松市錦町の弘憲寺までに集合してください。

  ふるさと探訪、5月は、「江戸から明治の町屋と寺町を考える」です。

  http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/9056.html
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。