スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(62)二十四の瞳その後 !

 二十四節気では、3月20日が春分です。
3月16日頃は、七十二候では、
菜虫化蝶(青虫が羽化して紋白蝶になる)の候です。

 花粉症がひどくなっています。
どうか皆様もお気をつけください。お大事にしてください。

●3月15日は、オリーブの日
 昨年が、オリーブ植栽100周年ということで、
それを記念して、1年前から、小豆島では
オリーブ染物、リース、ハーブ、オリーブ箸、収穫祭など
様々な記念イベントが実施されてきましたが、
3月15日の日曜日、小豆島土庄町で、
閉会式が開催され、出席してきました。

 瀬戸内海の風は少し強かったですが、
この時期にしては暖かく晴れ渡った穏やかな一日でした。

 3月15日は、昭和天皇が、昭和25年3月15日に
小豆島を訪問、オリーブの種を蒔いたことに因む
オリーブき記念日です。

 式は淡々と進められ、
閉会式は終わりではなく、105年周年、110年周年、
そして次の100周年を目指して、がんばりたいとのことでした。
小豆島といえば、オリーブ。
私の知り合いも、果敢にオリーブ栽培にチャレンジしています。
彼の苦労がいつか報われるように、
オリーブのブランド化に貢献できればと思っています。

 オリーブ植栽100周年を記念して、
記念事業実行委員会が、記念誌を発行しました。
 オリーブの品種、採油法から始まって、
この100年の歴史、周辺事業の拡大、
今後のブランド化など、たいへん中身の濃い内容となっており、
帰りの高速艇の中で、夢中で読みました。
 中でも、関係者が綴った「オリーブづくりへの想い」は、
けっして小豆島でオリーブ栽培が成功したのは、
瀬戸内海の気候が、地中海の気候に似通っていただけではないこと、
むしろ小豆島の土壌はやせ衰えていて、
オリーブに適したものではなかったことなどから、
多くの関係者の、小豆島に絶対オリーブを根付かせる
そのひたすらの想いが凝縮されていて、
読み応えがありました。
機会がありましたら、またお読みください。

 閉会式に先立ち、土庄港でオリーブの植樹が行われました。
名作「二十四の瞳」にちなんで、12本のオリーブが植樹されました。
12人の子供たちの名前が刻まれた石を見て、
まずは、平和な日本に感謝しなければと思いました。

 大石先生をおなご先生として慕う12人の子供たちは、
1934年春、彼らの卒業とともに大石先生と別れ、
そして、大石先生も結婚して退職します。
1946年、夫が戦死した大石先生は、再び教壇に立ちます。
そして子供たちと再会しますが、
12人全員は、結局集まってきませんでした。

 集まったのは12人のうち、わずか7人。
男子5人のうち3人は戦死、1人は戦場で負傷し失明、
女子7人のうち、1人は病死、1人は行方不明。

 彼らにも戦争の影が・・・。
平和な日本に感謝しなければいけません。

●さぬき発 与一の矢 その3
~ 眼からうろこの落ちるさぬきの話 ~

○いわゆる「さぬき山」について
 高速道路を車で走ってきても、JRで香川に入ってきても、
最近県外の方が、突然平地からお椀を伏せたように
盛り上がったいる山を見てかなり衝撃をうけているようで、
栗林公園などでガイドしていると必ずその山のことを聞かれます。

 そして、誰が名づけたわけでもないのに、
多くの県外の観光客の方が、それらの山を総称して、
多くの観光客の皆さんが「さぬき山(やま)」と呼んでいます。
日本昔話にでてくようなおむすび型の山にはとっても
癒されるとも言ってくれています。

 この「さぬき山」という響き、実にいいですね。
やさしくあったかいイメージがあって、
私はとても大好きなネーミングで、気に入っています。
どうですか、これからは「さぬき山」といいませんか!

 県民には当たり前のランドスケープとなっている
「おむすび山」も、県外の方には、本当に不思議で
愛らしい形に見えるようです。平地に点在するため池と、
平地からもっこり盛り上がっているおむすび山は、
さぬき独特の風景ですが、癒しとなり、
私たちが気づかない貴重な財産となり始めています。

 特に飯野山を始め*「讃岐7富士」のような里山では、
県外からの里山トレッキングツアーが盛んなのです。

 古事記によれば、四国は、淡路島の次に誕生した土地で、
讃岐のことを「飯依比古」(いいよりひこ)と言っていました。
おいしいお米がとれていたということです。
飯を盛った山ということで、飯野山とよばれている山があります。
そのエピソードのように、讃岐のお米は昔からおいしさには
定評があります。

 江戸時代でも、なんと讃岐米は、庄内米、近江米とともに、
日本3大米といわれるほどおいしかったようです。

 また、平たい平野におむすび山という独特の景観を醸しだす讃岐は、
何かしら霊厳に通ずる神の国を思わせるに十分であり、
坂出に旅した下記の柿本人麻呂は、
’玉藻よし讃岐の国は国柄か見れど飽かぬ神柄かここだ貴き・・・’と
詠っています。

 ところで、このたくさんの「さぬき山」は
どのようにしてできたのでしょうか?
 この「さぬき山」、実は地質学的には、ビュートと言いますが、
要は、火山活動によってできた溶岩台地が、
侵食されてできたものです。
屋島のようにテーブル状になっているものはメサと呼ばれ、
やがて気の遠くなるような歳月を経て、
次第にさぬき山になるのです。
屋島と飯野山とはこういう関係があったのです。
そして、讃岐には、このビュートの山が随分多いのです。
飯野山のようなさぬき山の生い立ちについては、
火山活動後、溶岩台地ができ、長い年月の雨水の侵食によって
硬質部分が残り、軟質部が洗い流され山を成したものです。
そのような大小のビュートが散在し、
さぬきはビュートの宝庫でもあるのです。

 飯野山が、日本新百名山に取り上げられたこともあって、
飯野山のようなさぬき山には、最近県外から、
里山トレッキングバスツアーで大勢の方が訪れて、
美しい瀬戸内海や実り多い讃岐平野やおむすび山ののどかで
落ち着いた眺望を満喫しています。
こういう楽しみ方を知らないのは、
意外と県民の皆さんかもしれません。もったいないことです。

*参考*
 讃岐7富士とは、讃岐富士(飯野山)、東讃富士(白山:しろやま)、
檀紙富士(六ツ目山)、綾上富士(高鉢山:たかはちやま)、
羽床(はゆか)富士(堤山:つつみやま)、
高瀬富士(爺神山:とかみやま)、
有明富士(江甫山:つくもやま)の7つですが、
このうち、爺神山は採石のためわずか40年で山の半分が
失われて富士の美しいシルエットはなくなり、
地元では里山が一つ失われたと落胆している方も大勢います。
現代では、7番目の富士については諸説ありますが、
たとえば、陶小富士である十瓶山(とかめやま)を
代わりに挙げる方もいますが、定説はないようです。


●香川の認知度~いただいたメールから・・・
 リプライメール、いただきました。
興味ある内容なので、送信者の了解を得て、
掲載させていただきます。

 昨日おとといと土日に東京へ遊びに行ってきました。
いつもながらの「おひとりさま」満喫ツアーです。
一人ということで、2日間で話した相手は店の店員さんのみ。
そんな中、香川が熱い注目を浴びているんだなあということを
実感した出来事が2回ありました。

 1回目は、銀座の有名な美容院の若い男性スタッフとの話です。
彼は香川にすごくあこがれを持っていて将来住みたいと思うほど
興味があるとのことでした。
すでに行き先の下調べはできていて、細かいとこまでよく知っていました。
近いうちに香川に旅行するそうです。

 2回目は、表参道の「ニールズヤード」というアロマセラピーサロンの
若い女性スタッフとの話で、彼女も香川が大好きで
去年、インテリアコーディネータの友達と旅行に行き、さらにまた香川が
好きになったとのことでした。
二人に共通していた香川の観光は、「アート」でした。
(もちろんうどんや瀬戸の地魚もはずせないとのことですが)
直島やイサムノグチ庭園美術館が2人とものお気に入りのようでした。

 男性のスタッフと「香川のアートがなぜそんなに興味深いのか?」
ということを探っていたとき、私がたまたま例として話したことは
「東京とか都会にアートがあるのは、普通な気がするが、
たとえば直島みたいに自然しかない島にいきなりアートが出現するのが
ちょっと変わっているかもしれませんね。」と言うと
「その例えはよくわかる気がします。」とのことでした。

 東京の一流のお店で働くおしゃれでセンスのいい若者たちが
「香川に興味がある」というのを聞いて
なんだかうれしくなって
ついメールをしていしまいました。

●情報提供です・・・
平賀源内記念館、オープン!
 3月22日に待望の平賀源内記念館が、オープンします。
平賀源内といえば、個人的には明治維新の思想的先導者とも思っていますが、
その才能の多才ぶりはつとに有名です。
 あるときは、「土用の丑はうなぎ」というキャッチコピーを
産み出したコピーライター、
あるときは、栗林公園の薬草園であった百花園の管理者を務めた
本草学(いまでいう薬学・博物学)者、
あるときは、西洋婦人画を描いた芸術家、
あるときは、エレキテルを再現した科学者など多才です。

 詳しくは、下記のURLへ・・・。
ぜひともお出かけください。

  http://ew.sanuki.ne.jp/gennai/

 また、志度のまちあるきもお楽しみください。

  http://tekuteku.levtex.net/

②ちょっと寄り道こんぴら街道スタート!
 さぬきの中部、中讃の食と名所の魅力を、
まちあるきで魅せる「ちょっと寄り道こんぴら街道」が始まります。
3月21日から7月24日の長丁場ですが、
全21コースを用意していますので、ぜひご参加ください。

 詳しくは、下記のURLへ・・・。

  http://www.konpirakaidou.com/

③折り梅映画会があります!
 現在、「レオニー」の映画撮影の準備に忙しい
松井久子による監督第2作。
実話に基づいたストーリーは、老いと介護という高齢化社会の日本で
誰もが抱える問題をテーマに展開。
多くの共感を呼び、日本全国で観客100万人を超えてなお上映会が
続けられています。

 3月21日 13時30分~
 サンポート高松e―トピア
 無料です。

 当日は、マイレオニー事務局の藤原淳子さんを交えての
「折り梅」上映会とトークイベントが開催されます。

 その時には、6月の「レオニー」の
香川ロケのスケジュールなどの説明もしていただくことになっております。



スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。