スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(59)今年は、鯛焼き100周年 !

二十四節気では、2月18日の雨水を過ぎ、
2月23日頃は、七十二候では、
霞始靆(霞がたなびき始める)の候です。

●今年は、鯛焼き100周年
 最近、県内には、薄皮鯛焼きとかTAIHIMEなどのような
鯛焼きのお店が増え、人気となっていますが、
首都圏でブームになってお店が増え始めたのが、ほぼ2年前。
前回の鯛焼きブームが、70年代のオイルショック後ですから、
どうやら不況になると、俄然人気がでてくるようです。

 実は、今年は鯛焼きが生まれて、
100周年という記念すべき年であること、ご存知でしたか?
今から100年前の1909年に、
東京麻布十番の鯛焼き専門店「浪花屋総本店」が創業を開始、
今年で創業100周年を迎えるからです。

 鯛焼きは、今川焼きから生まれたと言われています。
庶民には、高嶺の花であった高級魚の鯛にあやかって
形作られたものですが、
今川焼きは歴史は古く、江戸中期頃(1770年代)の
江戸の神田の今川橋近くのお店で生まれたという由来になっています。
今川焼きは、香川では「大判焼き」と言いますね。

 香川県は、料理はとっても甘く味付けすることが多く、
甘党の方が多いです。鯛焼きも人気商品で、
売れるお店では、行列ができています。
この機会になつかしい鯛焼き、食べてみられますか!

 折角ですから、お菓子の話題で、もう一つ。
東京新橋に、新正堂(しんしょうどう)という和菓子店がありますが、
ここが一躍有名になったのは、
「切腹最中」という和菓子を出してからです。
お詫びにお伺いするときに、この最中を持参してというので、
話題になっています。
(軽いのりですので、真剣な時には持っていかないようにしましょう。)

 新正堂は、大正元年創業の老舗ですが、
新橋の近くで、大正元年の創業なので、
「新正堂」(しんしょうどう)と言います。

 新正堂は、お店の場所が、浅野内匠頭が江戸城松の廊下で
刃傷沙汰を起こし、身柄を預けられその日の内に切腹を命じられたのが、
田村右京太夫の屋敷であり、その屋敷跡にお店を構えているということで、
切腹最中が誕生したそうです。

 最近は、アイデア盛りだくさんで、とうとう
「景気上昇最中」まで売り出しました。
書籍もそうですが、和菓子も名前に凝っています。
ネーミングが面白いので、またお近くに行けば、
「切腹最中」をお土産に買われてはどうでしょうか!

 *新正堂関係

  http://www.shinshodoh.co.jp/

 JR新橋駅の浜側(銀座側)には、香川と愛媛のアンテナショップ
「香川愛媛せとうち旬彩館(しゅんさいかん)」があり、
1階は物販、2階が「かおりひめ」というレストランになっています。
ぜひ、お立ち寄りください。

 講談社のグルメ雑誌「おとなの週末」が、かつて覆面取材で、
地方のアンテナショップの中で、NO1評価をしたお店です。
そのときに、編集長にお礼の手紙を差し上げましたところ、
思わずほしくなるもの、買いたくなるものを置いている、
2階のかおりひめもとってもおいしかったと言って
「旬彩館」のことをべた誉めだったことを記憶しています。
おかげで、売り上げも順調に伸ばしています。
最近近くにオープンした鳥取県のアンテナショップが
思わぬ苦戦を強いられていますが、
単に場所的に一等地にあって、たくさんの人が通りかかるだけでは、
モノは売れないということです。

  *せとうち旬彩館
  http://www.setouchi-shunsaikan.com/open.html

●こんな全国大ヒット、ご存知でした?
○ご当地ソング、再び大ブーム
 カラオケのご当地ソングが再びブレイクしています。
最初のきっかけは、確か今から43年前と随分昔ですが、
美川憲一の柳ヶ瀬ブルース。
発売元のクラウンレコードの宣伝マンが、
ご当地ソングと言い出したのが、最初だと言われています。

 そして、現在はご当地ソングが再燃して、
カラオケでも、驚くほどの再びのご当地ソングブーム。

 皆さんよくご存知のご当地ソングの女王と言えば、
紅白でも人気の「水森かおり」さんですが、
1999年の「竜飛岬」、2000年の「尾道水道」に続き、
2002年に出した「東尋坊」がヒット。
2003年の「鳥取砂丘」がまた大ヒットしてブレイク。
2004年の「釧路湿原」、翌年の「五能線」で、
その後、2005年は、日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。
2006年の「熊野古道」で、女性演歌歌手で、
シングル3作連続初登場トップ10入りは、初めての快挙でした。
続いて、2007年の「ひとり薩摩路」、
そして2008年の「輪島朝市」で、
5作連続トップ10入り記録を更新しています。

 先日、カラオケ大会のMCをよくされています
西日本放送のアナウンサーの植松おさみさん方にも
お話をお伺いしましたが、
まさかこれほどまでブレークしているとは思いもしませんでした。

 そして、熱狂的なカラオケファンは、歌うだけでは物足らず、
「ご当地ソングめぐりツアー」なるものに大勢押しかけているのです。
これが、馬鹿にならない数です。
だから、ご当地ソングの女王、水森さんに地元をテーマに
歌を歌ってもらおうと各自治体も懸命にラブコールを行っています。

 ちなみに、私が知っている限りでは、
高松は、森進一さんの「港町ブルース」や「波止場町」や
ぴんから兄弟の宮史郎さんの「男の街」・・・。
そして片岡鶴太郎さんの「はなのにっぽん さのよいよい」は
確か香川県でしたね。

 でも、これらのご当地ソング、
なぜか地方の独特の匂いがしませんね。
それはやはり中央主導で作ったものだからだと思います。
ご当地ソングは、やはり地域で作らないといけません。
 そういう意味では、小豆島出身の勝詩(かつし)さんの歌は
どんどん応援してあげたいです。

 昨年のお正月のNHKの全国ふるさと自慢の番組で、
見事最優秀賞に小豆島の新しい観光名所であり、
天使が舞い降りた道ということで、恋人の聖地にも認定されている
「エンジェルロード」が選ばれましたが、
最近そのテーマソングが完成し、披露されました。
 小豆島出身のシンガーソングライター
勝詩(かつし)さんの作詞・作曲です。
よろしければまたお聞きください。
素敵な歌詞でもあります。

  *エンジェル・ロード
   http://www.soumen.co.jp/angelroad.html

  *勝詩(かつし)
   http://ameblo.jp/katsushioliveisland/theme-10009642026.html


●第63回毎日映画コンクール
 私は、高校2年から映画雑誌キネマ旬報を
毎月2回欠かすことなく定期購読しているほどの大の映画ファンですが、
このキネマ旬報とほぼ同じくらいの歴史を持つ、
国内映画祭でも、権威ある映画賞のひとつである
毎日映画コンクールの授賞式が、最近東京渋谷で開催され、
香川県の真鍋知事も、表彰式に出席。
表彰のプレゼンテーターで活躍し、
挨拶もしてきました。

 そして、今年度の受賞作品の地方での特別鑑賞会
(東京以外で高松と下関のみで上映)が、
3月1日の日曜日に、高松で開催されます。
(済みません、募集はもう終了しています)

 上映作品は、日本映画大賞を受賞し、
今アカデミー外国映画賞にノミネートされています、
「おくりびと」(日本時間23日に最優秀作品が決定予定)と、
当日のトークショーで出演予定の橋口監督作品の優勝賞受賞の
「ぐるりのこと。」の2作品です。


 *高松での特別鑑賞会
  http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20090131ddlk37200658000c.html

 *毎日映画コンクール
  http://www.japan-movie.net/

 「おくりびと」、最優秀外国映画賞に期待が高まります。
また、橋口監督にも東京で会ってきましたが、
とってもシャイな方で、
でも橋口ワールドという独特の世界を持っており、
トークもかなり期待できます。
ご期待ください。

●今週末から、県下でひなまつりイベント、始まる!
 引田と宇多津のひなまつりは、中でもお勧めです。
全国で最大級のおひなまつりは、
和歌山の勝浦ビッグひなまつりだと言われていますが、
あそこまでたくさん雛人形が集まると、何か不気味ですね。
おひなさまは、流し雛を起源としており、
もともと人間の災いの身代わりとなるために
生まれたものなのですが・・・・。

 で、香川のおひなまつりですが、
詳しくは、それぞれ、下記のウエブサイトをご覧ください。

 *第7回引田ひなまつり 2月27日~3月3日

 http://www.hnt.or.jp/hnthp/event1.html#0227

■第7回 引田ひなまつり(東かがわ市)
 東かがわ市引田は、世界で初めてハマチの養殖に成功した土地であり、
フレンチシェフも絶賛する「和三盆」の特産地でもあります。
醤油、酒の旧家も多く、古い町並みを残して大変風情があります。

 その引田で7年前にこの風習を復活したのが「引田ひなまつり」で、
引田の古い町並み約60軒に優雅な雛人形が並び、
たくさんの観光客で賑わいます。

 讃州井筒屋敷(2月5日から展示、水曜定休)では、
豪華な雛飾りで一見の価値がある「引田雛」や市内の寄贈雛、
また、引田ひなまつり期間中には珍しい源氏枠御殿のお雛様や
百歳雛を展示します。

 2月28日は町並みを行灯でライトアップする「灯り雛」が、
3月1日には子供たちが着物を着て町並みをお練りする「市松行列」、
白鳥地区の伝統芸「白鳥だんじり子供歌舞伎」を開催予定です。
お雛様を愛でながら、風情ある町並みを散策してみてください。

・期間: 平成21年2月27日(金)~3月3日(火) 
     10:00~16:00
    (2月28日は20:30まで開催)
・場所: 讃州井筒屋敷他、引田の町並み沿線
・アクセス: 高松自動車道「引田IC」より車で5分。
 (ひなまつり期間は臨時駐車場への案内あり)
  JR高徳線「引田駅」より徒歩5分。
 (ひなまつり期間中は駅広場に案内所あり)
・その他: 毎週土曜日には大人気の「味めぐりツアー」があります。
・問い合わせ: 東かがわ市ニューツーリズム協会 0879-23-8557


  *第6回 宇多津のまち家とおひなさん 2月27日~3月1日

  http://town.utazu.kagawa.jp/1news_kiji/20090121-20090301.html

●訂正です!
 前回の韓国京畿道の魅力発信で、為替レートが一桁間違っていました。
たいへん失礼しました。

 昨年夏頃は、1万円で7千ウォンではなく、
1万円で7万ウォンでした。
また、昨年末は、1万円で1万4千ウォンではなく、
1万円で14万ウォンでした。
ここに訂正して、お詫びします。

 私と同行した彼からのご指摘でしたが、
彼のいうとおり、もらったお金だけを見ていると、
とってもリッチになった気分がします。
が、ホテルでジュースを買うと、1000ウォン
と、びっくりする金額を自販機に入れる必要があります!
ちょっとしたものをコンビニで買うと、
1万4千ウォンと言われて、慣れるまでは
たじろいでしまうこと、たびたびでした。

スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。