スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(49)13日の講演会宜しければ


 風が強く、木枯らしが舞う季節になりました。
深夜になると、空気も凍てつき、寒さも堪えます。
私の周りにも、咳をしたり、
マスクをしたりしている人が増えてきました。
どうか、皆さん、風邪等召しませぬように、
お体ご自愛ください。

 初冬ですが、この時期、
雨上がりの瀬戸内海は、雨が空気中の塵を流してくれたのでしょうか、
ほんとうにきれいです。
 先日も、時間がありましたので、香川訪問初めてのお客さまを、
県庁舎本館21階展望室にご案内させていただきました。

 雨上がりでしたので、遠くまで見渡せて、
「これはきれい!」と私自身がうなってしまいました。
また、雨上がりの日の夜空の星は、格別きれいです。
ため息出るほどの美しさです。

 当たり前の景色や風景ですが、
当たり前として見れるには、
多くの現象がうまく機能しあっているからだと思います。
それは、私たちの生活でもそうです。

 当たり前、平凡が幸せということをよく耳にしますが、
実際、その当たり前や平凡な生活すら手にできない人もたくさんいます。
また、当たり前や平凡な生活を感じられるのは、
多くの人たちのサポートがあることも忘れてはいけません。
「当たり前、平凡」・・・
言葉で言えば、簡単ですが、
それをサポートする力は、決して簡単ではないこと、
いつも忘れずにいたいです。

●お礼です!
 先週の送信メールで、お礼を2つ言わせてください。
①「ゆずりはクラフト展」ご来場のお礼
 高松市北浜町のニューヨーク・ギャラリーで、
4日まで開催されていました
東北地方の手仕事作品を集めた「ゆずりはクラフト展」には、
多くの皆さんに出かけていただき、ありがとうございました。

 主催者の十和田の田中陽子さんと話された方も結構おられて、
大量生産、機械生産では味わえないものづくりに込められた
職人さんたちの熱き思い、やさしい気持ち、
いとおしいやさしさなどに触れられ、
「いい人を紹介していただき、ありがとうございました。」と
お礼のメッセージメールや電話を多くいただきました。

 ものを大切にする気持ちは、
そのものに関わる人の気持ちを知ることによって生まれてきます。
本来は、そういう会話がなくても、資源の有限性を思えば、
ものを大切にするそういう気持ちは持たなければいけませんが、
ものがありあふれる時代には、相当の覚悟で臨まないと
生まれてきません。
 自然に感謝してきた私たちの祖先の気持ちこそ、
まず私たちが学ぶべきものと思っています。
そういうことを伝えるお仕事にしている田中さんに出会えたのも縁。
こういう縁こそ大切にしたいです。

 皆さん、ほんとうにありがとうございました。
そして、田中さんにもこれからどんどんがんばってほしいと思いました。


②グラフィックデザイナー 藤本誠(ふじもと・まこと)先生の
 講演会への参加のお礼
 12月2日(火)17時30分から2時間開催しました、
グラフィックデザイナー 藤本誠先生の講演会にも、
大勢の県職員の皆様が詰め掛けていただき、
短い周知期間ではありましたが、およそ70名の方が受講されました。
 平日の仕事が終わってからの夜の講演会だっただけに、
この参加者の数は、動員でないだけに、先生もたいへん喜ばれていました。

 もちろん、講演内容も、期待どおりの素晴らしさで、
用意しておいた資料は、すべてなくなりました。
大勢の皆さんから、「目からうろこが落ちた話」だったと
お褒めの言葉をいただきました。

 藤本先生には、これまでの経験をもとに、
「成功者の「世間と逆向き」現象」に着目し、
効果的な情報発信(コミュニケーション)を
テーマに御講演いただきまました。

 根本的な発想の違いから始まって、
相手の立場に立って考え行動することの必要性、重要性は
わかっているものの、実はそれは行動が伴わない観念だけの世界。
でも、相手の立場に立って考える意識と行動の徹底こそが、
すべての基本であること、痛感しました。

 先生の講演は、40年以上のグラフィックデザイナーの仕事を通じて
先生自身が学んできたことばかりで、たいへん重みがあります。
だから、例示も具体的なものが多く、
「そうか、そうなんだ!」と講演中、何度もうなづく職員の姿には、
先生の話を聞いてもらってよかったとつくづく思いました。

 講演を聴かれた方は、また職場に戻って、自分たちができることは何かを
個々人が考えてくれると思いますが、
また、どんなことでも結構です。藤本先生にご相談したい場合は、
私までご連絡ください。できるだけのサポートさせていただきます。

 多くの皆様に御参加いただけて、主催者としても
たいへんうれしいものがありました。
ありがとうございました。
藤本先生にも、そしてご紹介いただきました白井県議にも感謝です。


佐伯祐三展、よかったです!
 パリで夭折した天才洋画家、佐伯祐三の展覧会に出かけてきました。
今年は、わずか30歳で亡くなった彼の没後80年目にあたります。

 芥川龍之介のような風貌と、
結核に冒されながらも、病と闘いながら、キャンバスに限りない
情熱を叩き続けた彼の生き様は、壮絶でした。

 パリで、フォーヴィスムの巨匠と言われているヴラマンクに
自信を持って見せた作品が「アカデミック!」と
痛烈に批判されたことをばねに、
「俺はくたばらない、今に見ておれ!」などと不屈の根性で
短い生涯に数多くの作品にチャレンジ、
キャンバスに命を刻み付けるかのように
そして最後は、精神的に錯乱状態で
自殺未遂も起こして、わずか30年という短い生涯を、
閉じました。

 佐伯の作品「煉瓦焼」が、山本發次郎という独自の審美眼を持つ
大実業家の目にとまり、山本は、彼の天性の才能を認めて
作品収集していました。
 ところが、東京空襲の気配を感じて、
作品のうちの40数点までを田舎に移転した時に、
残りの半分以上の作品が、東京空襲で焼失しました。
 彼の英断のおかげで、
疎開したかろうじて40数作品が焼失せずにすみましたが、
焼失した作品の中には、「ロシアの女の子」(立像)や
郵便配達夫(水彩画、半身)などは、焼失が悔やまれる作品も
あります。
 
 展覧会は、昨日7日の日曜日で終了しましたが、
強く印象に残る作品展でした。

 彼の死後、数日経って、6歳になる彼の娘さんも
結核が悪化し、天に召された話は、複雑な気持ちです。

●情報提供
①書道詩人の寺吉さんの個展があります。
 始国(しこく)はちはち祭、無事成功裏に終了!

 過去このメールにて、お知らせしました
地元四国に熱い思いを持つ人たちが、もっと地元の方に
四国のよさをPRしようと、
行政に頼らず自らの力で、自主的に企画した4県連携イベント
「始国はちはち祭」が、香川会場で9月28日盛大にオープニング
その後、徳島、高知、愛媛と回って、
先月11月30日の徳島四国三郎の郷で無事ゴールし、終了しました。

 http://shikoku88.com/

 主催の代表者は、書道詩人の寺吉さんです。
彼の持ち前のバイタリティと誠実さが多くの人々を魅了し、
大勢の仲間が参加し、大会を盛り上げました。
その寺吉さんが、個展をしますので、ぜひ覗いてみてください。

 個展 「大切なあなたへ 贈る言葉」
 日時 12月18日(木)~21日(日)
 場所 天満屋高松店 エスカレーター4階から3階に降りた踊り場

    彼のインスピレーションで、皆さんとお話して、
   メッセージ書いてもらえます。

②香川の寄食「餡餅雑煮」が予約なしで食べられます!

 さぬきの3大寄食(さぬき三傑)といえば、
さぬきうどん、しょうゆ豆フナのてっぱいですが、
餡餅雑煮もそれに劣らず、寄食では1歩も引けをとりません。
ほかにもどじょう汁(うどん)、など、県外の方が話を聞くと
おどろくような、しかし美味なさぬき食がありますが、
この餡餅雑煮がいつでも食べられるお店が、
この時期になると毎年オメニューに復活します。
このお店は、予約なしで食べられるので、とっても重宝しています。

 具材に地産地消のこだわりがあって、
金時にんじんの収穫時期にしか提供できないということになっています。

 お店は、茶房「和の小箱」
片原町商店街の北側、1階がインテリアショップ「とよたや」の
2階です。
ぜひともご賞味ください。

③私の講演会があります。
○12月3日の講演、無事終了!
 
 3日は、早朝6時過ぎから、講演をさせていただきました。
起床は4時30分。だから、真っ暗です。

 テーマは、今回は「さぬきとアート」です。
約40人もの方に聴講していただき、感謝です。
この企画、世界に自慢できる香川の素晴らしい宝ものシリーズものですが、
ほんとうに、わがふるさとには、
何回続ければいいのかぐらい宝ものがあります。

 私がお話しますと、皆さん、いったいそれはどこのことだと
思われるような初めて聞くような表情を見せてくれますが、
なんとこれは正真正銘香川のことなのです。

 今回は、「さぬきとアート」ということで、
それをわずか1時間くらいで
お話しさせていただきましたが、
盛りだくさんの内容で、相当早口になってしまいましたこと、
お許しください。
 それと、当日12月3日が、香川独立120周年記念日と言うことも
講演の始まる前のそのような話が偶然出て、
これが、いけません、話の脱線の元で、
余計に時間を費やしてしまいました。

 講演の開始時は真っ暗だった屋外も、
時間が経つに連れて明るくなっていることが
窓からわかり、
起床はつらかったものの、気分はかなりよかったです。
早起きはやはりいいですね。

 大勢の皆さんが、こんなにも早起きして、
いったいどうしたんだろうと最初はたいへん違和感がありましたが、
何度か講演させていただいているうちに、
だんだん理解できるようになってきました。

 次回の講演テーマは、
「さぬきと、あげと(あご)も落ちるおいしいB級グルメ」です。

○12月13日のアイパル講演
 このたび、香川県国際交流協会の主催で、
アイパル香川の2階アイパルプラザで、誰でも参加可能な講演会を
行うことになりました。

 「おしゃべりプラザ」ということで、
栗林公園ボランティアガイドとして、通訳ボランティアとして、
おもしろいお話をさせていただきます。

 日本文化の話、生き様の話など、当日はいつものごとく、
お客様ののりによっては話の内容が脱線するかもしれませんが、
90分間、楽しいお話ができればと思っていますので、
ぜひお暇な方はお立ち寄りください。
来られた以上は、決して退屈しないようにします。

 日時 12月13日(土)10時30分~12時
 場所 アイパル香川(香川国際交流会館)(高松市中央公園北西側)
     1階アイパルプラザ

 いつもは、組織化された会での講演なので、
予め聴講者は動員され、ある程度の聴講する人数は確保されるので、
安心して聴講者の人数はあまり気にしていないのですが、
今回は、ほんとうに一般に公開しての講演なので、
読売新聞にはお知らせの告知が掲載されましたが、
参加者の数が何人になるのか、たいへん気になります。
幕が上がって、聴講者がいなかったらどうしょう?という
怖い気持ちもありますが、
聞いていただける方が独りでもいますと、
がんばってお話できますので、
もしお暇な方があれば、聴きに来てください。
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。