スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(40)私たちが忘れかけているもの!

 日曜日は、一日中雨でほんとうに恵みの雨でしたが、
屋外イベントを計画していた皆さんにとっては、厳しい雨でした。

 栗林公園でも恒例の庭園コンサートがありました。
かなりの雨で、お客さんの出足も鈍りましたが、
雨の中来られたお客様は、素敵な演奏に大満足して帰られました。

 ボサノバデュオで、香川県とはすっかりおなじみの、
サパトスのギターリスト木村純さんと、
2003年春から彼と活動をともに始めたバイオリニストの
森里子(もり りこ)さんとの素晴らしいコンビの演奏は、
雨にも関わらずに庭園に足を運んでいただいた皆さんに、
素晴らしいひとときを提供したことと思われます。
皆さん、十分ボサノバ音楽の素晴らしさを
堪能できたことと思います。

 余談ですが、実は、私は前日の土曜日も丸亀町壱番街のドーム下で
お二人の演奏を聞いて、心動かされました。
ほんとうに素晴らしい演奏で、多くの皆さんに
これからもどんどん聞いてほしいと思います。

 高松初登場の森さんは、札幌の出身。
東京芸大在学中から、JR東日本、モービル石油などの
テレビコマーシャル曲を演奏、
また、卒業後、米国バークレー音楽院でジャズ理論・演奏を学び、
卒業後もNHK-BSニュースのテーマミュージックなどの演奏を手がけ、
5年前に木村純さんに出会い、ボサノバに目覚たということでした。

 伸びやか、しかし、哀愁漂うバイオリンの弦の響きは、
ギターのしっかりしたサポートにのって、
心憎いまでの素敵な演奏をかもし出していました。
小柄な体全体を使っての表現と素晴らしい演奏は、
これからがとっても楽しみな方です。

 木村純さんの演奏も琴線に触れますが、高松初登場の森里子さんも、
これからも楽しみの素敵なプレーヤーです。

 お二人は、庭園コンサート終了後、
中央公園とアイパル香川で開催されています、
国際フェスタの会場で、2ステージ演奏しました。
私の元には、ほんとうに素晴らしい演奏でしたとお礼のメールが、
4通届きました。

 雨で屋外イベントは、散々でしたが、
木村純さんと森里子さんのコンビは、それを差し引いても素晴らしい
出色の出来でした。

 ブラジル移民100周年を迎えてのお二人のボサノバの演奏。
あんな素晴らしいボサノバを産み出す
ブラジル人の感性の高さに驚くとともに、
その心地よい音の響きは、なぜか知らず知らずの間に、
私たちの周りにあふれ、例えば、コマーシャルなどに使用され、
感情の波長や感性があうのか、無意識に私たちの耳に
なじんできています。

 素敵なボサノバ音楽。
ブラジル人と日本人、以前から言っているように、
日本人にもラテンの血が流れていて、よく似ている民族だと思います。
日本の裏側で距離的にも一番遠いですが、
感性などはよく似ていると思います。

 また、彼らが香川に来られる時には事前にお知らせしますので、
ぜひ聞きにいらしてください。
ほんとうに素晴らしい演奏です。

 午後からは、一段と雨も激しくなってきましたが、
北海道洞爺湖町議会議員の皆さんのガイドを
公園などでさせていただきました。
洞爺湖町には、香川、特に丸亀や三豊から多くの開拓民が入っており、
今夏の洞爺湖サミットで、三豊市のフルーツや野菜などの食材が
使用されたのも、そういうつながりも活用されたに違いありません。
また、今でも、香川の地名が、洞爺湖周辺には多く残っています。
確か、三豊市と洞爺湖町とは、姉妹縁組をしています。

 洞爺湖町議会議員の皆さん、ほんとうに、雨の中お疲れ様でした。
雨なので、屋島や四国村などはあきらめて、公園のほかは、
日本一の蝋人形館「平家物語歴史館」を案内させていただきましたが、
歴史のお話が好きな方が多く、ここも大いに気に入っていただき、
安心しました。

 シンボルタワーから見た高松の街並みを、ほんとうにきれいな街だと
お褒めの言葉もいただきました。

 高松が初めての方もいて、
小雨に煙る瀬戸内海に洞爺湖を重ねる方もおられました。
北海道洞爺湖に初めて移住した香川の皆さんも、
洞爺湖を見ながら、ふるさと香川に広がる瀬戸内海を思い出し、
遠く離れてふるさとを思う気持ち、懐かしさで万感の想いがあった方も
大勢おられたものだと思うと、
先祖を香川に持つ、洞爺湖町議会議員の皆さんがたいへん身近かに
感じられました。

 先週も香川大学シニアカレッジで若輩ながら講師をさせていただいた
ときも、初めて香川に来られた方が、香川の話をして、
香川の大ファンになっていただき嬉しい限りでしたが、
また今回もファンになりますよと言っていただき、
ガイド冥利につきました。

 香川はほんとうにいいところです。

●私たちが忘れかけているもの
 前回、今年は、1858年に、井伊直弼率いる日本と、
アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、ロシアの5カ国との間に
大幅な治外法権、関税自主権の喪失などを内容とする
不平等条約が締結されて150年目を迎え、
特に日本文化の大好きなフランスでは、
それを日仏交流150周年として、
様々な交流イベントが実施されていることを
お伝えしました。

 そして、パリセーヌ川畔に、日本の絵画作品を投影する大規模な
光のショーが盛大に開催されたこともお伝えしました。

 今回は、如何に素晴らしい日本の伝統的な美が
西洋諸国の思想や一流品に多大なる影響を与えたのか、
お話します。

 日本の素晴らしい伝統的な美が西洋の美に影響を与えたのは、
江戸時代初期の古伊万里磁器の輸出に始まったと言われています。

 16世紀までは、オランダの東インド会社を通じて、
中国の磁器がヨーロッパに輸出され、シノワズリーが大流行していました。
いわゆる中国趣味です。
そして、磁器の焼成技術は、
当時は中国や韓国が格段の差で上回っていました。

 1644年に清が中国を統一、しかしその後数十年内乱が続き、
中国からの大量の磁器輸入が困難になってきてからは、
韓国や日本に目が向けられ、
特に古伊万里磁器は、その焼成技術の高さや
左右非対称や余白の美しさなどのデザインの素晴らしさで
ヨーロッパで大人気となりました。

 その後、古伊万里磁器の例えば唐草文様などは、
ヨーロッパの近代デザイン革命であり
生活の芸術を持ち込む「アーツアンドクラフト運動」に大きな影響を及ぼし、
1878年のパリ万国博覧会においても、
フランスを代表するセブール社や、
バカラ社のクリスタルランプなどもこぞって
日本風意匠をまとっていました。

 その後、アールヌーヴォーや
さらにはNYのティファニーなどにも多大なる影響を及ぼし、
「ルイ・コンフォート・ティファニー」の銀製品などを産み出しています。
こういう風に整理してくると、いまさらながらに、
改めて日本の伝統美のすごさを痛感します、

 浮世絵も同様で、1862年の第4回ロンドン博覧会、
1867年の第4回パリ博覧会出品で、大ブームとなり、出品作品は
すべて完売したそうです。
それがきっかけとなり、浮世絵がヨーロッパ各地で紹介され、
ミレーやルソーなどのバルビゾン派、
ご存知、モネ、ドガ、ゴッホ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、
ロートレック、クリムトなどの日本人が殊の外大好きな印象派に
大きな影響を与えました。
 
 非対称、中心をずらした構図、平面性、隈取り、色彩など
あらゆる点に影響を及ぼしたのです。
ゴッホは、はっきりと自分の絵の基礎は浮世絵と言い切っています。

 浮世絵も江戸時代では、庶民が楽しんだサブカルチャーの一つだと
私は思っています。
また、古くは、鳥羽僧正の「鳥獣戯画」、北斎の「北斎漫画」など
日本が世界のアニメブームを牽引している原動力が
実は歴史的にも実態として証明されます。
それぞれの時代に残る縁起絵巻なども、
巧みな絵画技巧とストーリー性は、ルーツのひとつと思うに
立派な根拠となり得ると思われます。

 これを機会に日本の伝統的なものを見直すべきだと思います。
そして、私たちの祖先は、いつの時代も自然を大切にしてきました。
そして、自然に生かされていることへの感謝の念、
この気持ちこそ、私たちが忘れかけている大切なことだと思われます。


サイクルトレインに乗車してみませんか!

 10月11日(金)から3日間、
サンポート高松を中心に、
サイクルタウン香川「自転車ワールドフェスタ2008」が開催されます。

 詳しくは、下記のURLまで・・・

  http://www.cycletown-kagawa.jp/

 話題のベロタクシーもきます、
2007年サイクルフィギュヤの全日本チャンピオンもきます、ので
お楽しみください。

 そして、かつて香川でも何度か運行しています、サイクルトレインが、
JR四国とコトデンでそれぞれ高松・琴平間で運行されます。
全国でも確か4鉄道事業者しか運行していないサイクルトレインですが、
香川のような雨が少なく、平坦な土地が多く、
2次交通の不便な地域では、このようなサイクルトレインの活用が
これから何らかのきっかけになる可能性を持っています。

 ヨーロッパではごく当たり前のサイクルトレイン
これをきっかけに土日でも定着できればと思います。
一度ご体験ください。

  http://www.cycletown-kagawa.jp/2008/img/cycletrain.pdf


●情報共有
ちょうさ 担きくらべ始まる!
 県外からの転勤者が始めて香川にきて印象に残ることは4つ。
 ・交通マナーの悪さ
 ・病院の看板がやたら多い
 ・自動販売機がすこぶる目に付き多い
 ・秋祭りが至るところで行われている

 この4つめの秋の一大イベントが、
10日から始まります。
「さぬき豊浜ちょうさ祭」です。
高いものは一億円もするとも言われている「ちょうさ」を始め、
20台以上のちょうさが集まり、担きくらべをします。
勇壮な祭、絢爛豪華な祭、ぜひとも現地での生の迫力を
お楽しみください。

  http://www.chohsa.jp/


②募集中
100万人のラブレタープロジェクト
 観光による交流人口の増加こそが地域振興の一助となり、
地域を活性化するとのコンセプトで、盛り上がってます。

 香川のお勧めを募集しています。
香川のお勧めの景色、人、食べ物、自然、伝統工芸など
とにかく何でもいいです。
郵送やインターネットで、10月末まで受け付けますので
ぜひどんどんご応募ください。

 なお、詳しくは、下記のURLまで・・・

 http://www.my-kagawa.jp
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。