スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(35)防災の日 平凡こそ幸せ!

小雨降るなか、30日土曜日は、早朝から、
高松で開催されました全国大会に出席されていた方の
エクスカーションとして、栗林公園ガイドをさせていただきました。
ガイドのご指名をいただき、たいへん光栄でした。

 この夏の厳しい暑さは、公園の松を中心とする樹木にも
堪えたはずですが、この雨に樹木は本当に救われたかのように
活き活きとして、小雨の中の散策は、園内に慣れ親しんでいる私でも
素晴らしいコンディションと思えるほどいい雰囲気でした。
前夜は9月での依頼講演会の資料の作成などで
睡眠があまりとれてなかったのですが、
参加者の皆さん、遠くは秋田や熊本から来られたお客様、
私の話を最後までよく聞いていただき、感謝しています。
そして、今回もガイドとして、皆さんから多くのエネルギーもらいました。
とってもいい時間を過ごさせていただきました。
ボランティアガイドも、こんなにも満足感もらって、
しかしこれはお金では買えないのですね。
ありがたいことです。

 雨の中の公園、瑞々しく、森林浴もできるお庭の国宝での散策、
ぜひ皆様にも雨の中の公園散策をお勧めします。

フェルメールとウルトラマリンブルー
 毎月愛読している「芸術新潮」が、今月は、早々に
高松の書店では、売り切れ店続出。
新聞広告を見たときに、今月は「フェルメール」の特集。
これはもしかしたらかなり売れるのでは思いましたが、
買いに行く時間がなくて、
でも、いつもほとんど売れていない「芸術新潮」だからと
思っていましたが、やはり想像どおり、売り切れていました。
後日、再入荷があるということで、予約してきましたが、
この「フェルメール」、なぜか日本人には大人気の画家の一人です。

 1632年、日本ではちょうどお庭の国宝「栗林公園」の築庭に
着手した頃、オランダで生まれたのが、レンブラントと並び、
17世紀のオランダ美術を代表する画家フェルメールです。
彼の作品は、ダリも絶賛のとおり、じっと見ていると絵の中に
引きこまれてしまう不思議な魅力を持っています。
あのあざやかな青こそ、フェルメール・ブルーと呼ばれていますが、
天然ウルトラマリンブルーという絵の具で、
「ラピスラズリー」という貴重で高価な鉱石を使用しています。
おかげで、このような高価な絵の具をたくさん使用したので、
43歳で早く他界した彼には、多額の借金が残ったようです。
存在する作品は、40点くらいと言われていますが、
他の画家に比べたら、作品は寡作です。

 現在、上野の東京都美術館で、「フェルメール展」が開催されています。
12月14日まで開催されていますので、
また上京する機会がありましたら、ぜひともお立ち寄りください。
お勧めの展覧会です。

 http://www.tbs.co.jp/vermeer/pdf/att080804_jp.pdf


●今日9月1日は、「防災の日」です。
 1923年(大正12年)に起こった関東大震災の
怖さや悲惨さを風化させないように忘れないよう、また今後
そのような大規模災害が起こっても、経験を活かして対処できるようにとの
願いを込めて、1960年(昭和35年)に制定されたものです。

 関東大震災は、
死者・行方不明者併せて14万人以上という大災害であったことは
皆さんご存知ですが、当時能登半島に付近にいた台風の影響で、
地震発生時には、東京を中心に強風が吹いており、
その結果、「陸軍本所被服廠跡地」では多くの人が、
建物に囲まれた空地で、燃え上がる炎と煙で脱出できず、
被害が拡大したと言われています。

 地震対策、まずは出来るところから、きちんとしておかないと、
私だけは、我が家は大丈夫という慢心が被害を必ず拡大します。
怖いのは、寝ている時に突然起こる場合もそのひとつ。
家具の倒壊防止策を講じることはもちろんのこと、
オンリーワンの持ち物は、きちんと枕元に置いておく習慣が
大切です。
眼鏡、薬、補聴器などの医療機器、携帯ライト、貴重品などです。
ガラスなどが割れて床に落ちている破片を踏まないようにとの対策で、
靴などもあればなおいいと思います。

 私もかつては防災担当の経験があり、
それはちょうど阪神淡路大震災直後でしたから、
地域防災計画に盛り込まれた、
関係機関の合同訓練(地震、風水害、林野火災、
コンビナート、情報伝達など)、防災資機材・非常食の備蓄、
自主防災組織の活性化、県民への防災意識啓発、活断層の調査など
それはもう忙しさにかけては、常軌を逸していました。

 それでも今から思って当時の経験がよかったと思えることは、
如何にたくさんの人々が、日夜大勢の人々が安心して暮らせるように、
懸命に多くの皆さんが知らない陰でがんばっているかを知ったこと、
熱い情熱に燃えた多くの人が如何にたくさんいて、
その方たちと知りあえたということでした。
警察、消防、自衛隊などの防災関係者に加えて、運輸・輸送関係者、
マスメディア、電気・水道・ガスなどのライフライン関係者などです。
これらの人が頑張っているからこそ、私たちが普段全然気にしなくても、
普段の生活は、保障されているし、
いざというときにライフラインの復旧が格段と早くなっていると
いうことです。

 彼らの、人命や生活を守るという尊い意思は、
話してみますと、がんがん伝わってきました。
ほんとに彼らは熱いです。人命を守る、救出する、
そういうことにかけては
目が輝くほど真剣です。プロです。
消防などの救助活動で、救助活動していた消防士が
炎に巻き込まれたり、崩れてきた建物に押しつぶされたニュースを
耳にしたり、新聞で読んだりすると、
取り残された人を救出するために、果敢に炎の中に飛び込んでいったであろう
彼らの姿を思って、胸にこみ上げてくるものが多々あります。

 10年以上経った今でも、
そんな熱き思いを持った方たちと、お付き合いさせていただいている方も
大勢おられます。幸せな出会いです。

 忙しいさなかでも、時間を見つけては、
関係者とお酒を交わしたことを今でも懐かしく思い出します。
お互いグラスを傾けながら、よく飲みました。
彼らはほんとうによく食べます。
特に自衛隊の皆さんは、乾杯すれば、
まずは食べます、どんどん食べます。
それからお酒を飲み始めます。
話の中で、本音の議論もさせていただきました。
そして、出来上がった人間関係。

 この顔の見える心の通い合った人間関係こそが、
いざというときに大きな力を発します。
お互いの気持ちになってその立場に立つことができ、
機敏な行動ができるようになります。
人間関係が大切というのは、ここでも痛感させられました。

 おかげで、彼ら(消防、警察など)の存在は普段は全く意識しませんし、
そういう意識しないときこそ平和の証左であります。
したがって、極論すれば、訓練などは行っていますが、
彼らが比較的のんびりしていると、これはもう平和な時なのです。
平和が一番です。

 人の人生もそうです。平和で平凡こそ、幸せなのです。
残業が続いても、難問が山積していても、仕事ができることが幸せ、
多少長い移動距離で車がなくても、景色を楽しみながら歩けることが幸せ、
お風呂に入って、あったかいお布団の中で寝れることが幸せ、
粗食でも、あったかいごはんと味噌汁を食べれることが幸せ、
空、山、海などの自然を見てきれいだと感動できることが幸せ、
おしっこがでて、お通じがあってこそ幸せ。
そういうことを感じられる人こそ、幸せがいっぱい感じとれる人です。
それが幸せです。

 そういう意味でも、たとえば俳句や短歌をお勧めします。
日常の言葉が、いつのまにか、研ぎ澄まされた感性によって、
素晴らしい芸術作品になります。
自然の観察が鋭くなり、
季節の移り変わりを再認識することができます。
感性もさらに豊かになっていきます。
そうすると、だんだん、目に見えないものまでも、見えてきます。
だから不思議です。

 感動こそ心を豊かにしてくれます。
心が豊かになると、他者に寛容になります。
そして自然の雄大さ、あまりの偉大さにたじろぐと思います。

 今、人類に欠けているのは、この自然に対する畏怖畏敬の念だと思います。
私たち人間は、地球上の他の生物と同じように、
生かされていることに早く気がつくべきです。
生きているではないのです。
自然に生かせてもらっているのです。
これを早く知ることが大切です。
全ての基本に通じることであり、
ここから、何事も始まります。

●東京アンテナショップ「旬彩館」(しゅんさいかん)
 香川と愛媛の合同アンテナショップ(東京新橋駅浜側)は、
オープン以降5年連続売上げを更新。

 1階物販では、売れ筋は、香川は、
①ちりめんくぎ煮(岡田食品工業㈱)
②だし醤油(鎌田醤油㈱)
③上乾干ちりめん(㈲高松珍味堂)

 愛媛は、
①手押しじゃこ天(㈱田中蒲鉾本店)
②花かまぼこ(㈱谷本蒲鉾店)

 イベントとなると、
香川では、まるもと物産の「ちりめん・煮干の粉末だし」、
愛媛では、今治のこだわりタオル(森清タオル㈱)が
多額の売上げを記録しています。

 「ちりめん・煮干の粉末だし」は、私も購入しましたが、
あったかいご飯の上にかけて、醤油をかけて食べるとおいしいです。
煮干も細かく砕いているので、高齢者や子供たちにはうってつけです。
また、名前のとおり、粉末だしとしてもとってもおいしいです。

 愛媛の今治タオルは、1昨年6月から、
今治商工会議所と四国タオル工業組合が、
今や世界がときめく博報堂出身のアートディレクターの
佐藤可士和(さとう かしわ)氏を起用して行った、
ブランディングプロジェクト「今治タオルプロジェクト」に取り組んでおり、
首都圏で彼のデザインした高級タオルが、
爆発的な人気を博しています。

 どの家にも、たくさんのタオルが眠っている、そういう状況下でも
ほしくなるタオルというのは、どういうものだと思われますか?
肌触りがやさしく、デザイン性に優れたもの・・・
皆さんなら、どんなタオルなら購入しますか?

●募集中
①「さぬきの国 まち歩き博2009」(仮称)名称募集中
 県では、2009年春から開催予定の、
「さぬきの国 まち歩き博2009」の名称を募集しています。

 http://www.pref.kagawa.jp/pubsys/cgi/contents_view.cgi?cd=22276

②100万人のラブレタープロジェクト
 観光による交流人口の増加こそが地域振興の一助となり、
地域を活性化するとのコンセプトで、今後盛り上げていきます。

 作品の募集開始は、8月30日の土曜日からで、いよいよ始まりました。
郵送やインターネットで、10月末まで受け付けますので
ぜひどんどんご応募ください。

 なお、詳しくは、下記のURLまで・・・

 http://www.my-kagawa.jp


サンポート・ラウンジ開催中
 9月7日まで、玉藻公園、サンポート高松、大的場、
旧高松港湾管理事務所において、夏の終わりのベイエリアで楽しい
大人のひとときをというコンセプトに沿って、
サンポート・ラウンジ」が開催されています。

 近くに素晴らしい瀬戸内海という環境がありながら、
生活の中にどれほど溶け込んでいるかというと、
おそらく多くの人が、いつでも行けるから、何度も見たからということで、
敢えて、瀬戸内海に近づこうとしないのではないでしょうか!
 各地域において、ちょっとしたバールを開設していますし、
シンボルタワーでは壁面を活用した、壁面アートを17時から
24時まで行っています。

 今週の日曜日7日まで、にぎやかに行っていますので、
ぜひ覗いてみてください。
おいしいものとの、瀬戸内海のまた違った素晴らしい魅力との、
あるいは素敵な人との、そういう出会いがあるかもしれません。

 まだまだ夏の夕暮れ、
たまにはのんびり、気の置けない友たちとサンポートで過ごしてみては
いかがですか!

 詳細は、下記まで・・・

 http://kappadoujou.ashita-sanuki.jp/e48826.html
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。