スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(27)7日は七夕 遍路と巡礼

 7日は七夕。

●北十字星、よく見えます!
 たまには、夏の一夜、外に出て空を見上げてみませんか!
真夜中の夜空は、ここ高松でも晴れていると天の川がよく見えます。
ちょうど、頭上に北から南にです。
そして、本当に天空の真上にあるのが、「北十字星」の白鳥座です。
南十字星をまだ見たことのない人は多いと思いますが、
北十字星も素晴らしいものですから、この機会に一度ご覧下さい。

 この北十字星は、いわゆる白鳥座です。
丁度、天の川の中を羽を広げて、南に向かう白鳥のように見えます。
一番北側のおしりの部分が、もっとも輝いていますが、
これが皆さんよくご存知のデネブですね。
デネブとは、「尾」という意味です。
 
 で、この白鳥は南のどこに向かっているかだって?

 ギリシャ神話では、大神ゼウスが、愛人レダのもとに通う時に
正妻ヘラに見つからないように、白鳥に変身してでかけたということです。
今年は源氏物語千年紀ということで、源氏物語が大ブームとなっていますが、
どんなに科学技術が進展しても、どんなに文明が栄えても、
人間は所詮人間。
人間としてみれば、それほどの成長もなく、
変わってないように見受けられます。
短い人生、まっとうに生きようとしながらも、
男と女ゆえのあらゆる欲望のさいなまれ、
常に、煩悩のなかでもがき苦しんでいる姿は、古今東西変わらない
世界なのですね。
しかし、だからこそ、神話も過去の物語もおもしろいものなのですね。

 慌しい日々の生活に流されないように、たまには
こうして夜空の星を眺めてみるのも面白いかもしれません。
 夏の大三角形も見えます。
南の空にはさそり座も、そして、北西の空には、北斗七星も
輝いています。
一度今夜にでもごゆっくりご覧ください。

遍路巡礼
 先週の土曜日に、歩き遍路の方と少しだけお話する機会がありました。
何かを探しているように見受けられたので、声をおかけしたところ、
薬局を探していましたので、薬局までご案内させていただきました。

 東大阪から来られた方で、定年退職を機に遍路をしているとのこと。
奥さんを数年前に亡くされて、今は一人暮らしで、
今回が初めての歩き遍路ということでした。
途中で足に豆ができて、相当苦労したようでしたが、
あと5寺で遍路を終えるということで、
苦労の話の割にはお元気そうでした。

 実にいい経験をさせてもらったとしきりにお話されていました。
体力的にもきつく、特に梅雨時は蒸し暑さに堪えたようです。
苦労も多かったようですが、
四国の人は親切な人がとても多く、たくさんの人に声をかけて
いただき、また、施しもいただき、
終わったあと、また訪れたいとも話されていました。
その方お話したのは、ほんとうにわずかな時間でしたが、
歩く後姿は、どこか神々しいものに見えました。

 お遍路とは、もう皆さんご存知だと思いますが、
何度も何度も参ることなのですね。
そういえば、巡礼は一度切りという意味です。
四国遍路には、記録に残っているだけでも、
明治時代に、中務茂兵衛という人は、
生涯に四国霊場札所をなんと280回(1867年~1922年)も巡り、
道標を240基ほど建立したということで、
ほんとうに超人的なお遍路もいるのですね。

 お寺に到着すると、お参りして、納め札を収めますが、
昔の納札は、お遍路の手書きだったようです。
今は事前にそれを買ってそれを各寺院に収めていますが、
25回以上巡拝すると、納め札が「銀色」なるようです。
また、金色は50回以上、錦になると100回以上の巡拝者用だそうです。
このように何回も何回も巡拝された方の納め札を、
そのようなそれぞれの色で表し、
何回も巡拝されたその方の「功徳」と云うものを、
その納め札を通じて分け与えられると考えられており、
それがお守りになると言われています。
だから、納め札をお寺で探している人を見かけたりします。

 江戸前期の1687年に、真念が「四国遍礼道指南」を書いて出版、
それが、今日の四国遍路の元になっていると言われ、今日まで
続いている四国遍路。
ちなみに、1802年、あの有名な十返舎一九も
「四国遍路独案内」を書き表し、PRに努めていることは、
ご存知でしたか!

 お遍路の道具一式参考例
 http://www.maenaem.com/henro/too.htm

 遍路は、そういう意味で何度も廻るものなのです。
それに比べて、巡礼は、原則1度というように考えられています。

 世界遺産のひとつに、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路が
あります。エルサレム・ローマと並んで、キリスト教世界では
聖地として知られたサンティアゴまでの巡礼
フランスからの北部ルートがそれです。
 サンディアゴは、9世紀にこの地で、聖ヤコブの骨が見つかった事から、
それ以来、ヨーロッパ各地より巡礼の人々が絶えていないようです。
何世紀にも及ぶ巡礼の人達が辿った道が、
現在のサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路となっており、
数ヶ月かかる旅となっています。

 途中、ピカソの作品で有名なゲルニカもあります。
死ぬまでに、ここも歩いてみたいですね。

●最新情報提供
①香川でロケされた青春映画「青空ポンチ」公開されます!
 青春をうまく謳歌できない若者4人が、バンドを通じて、
自分たちの居場所を探し続ける、でも結末はとってもさわやかな青春映画で、
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008の正式出品作品です。

 ポンチとは、しっかりとした考えのない軽いノリの人を言うようですが、
意外とそういう人は多いのでは・・・・。

 香川でロケしているので、皆さんご存知の瀬戸内海や、
電車の博物館とまでも言われているコトデンなど、
スクリーンに次ぐ次ぐと登場してきますので、
ご覧ください。

 監督は、大阪芸大出身の鬼才と言われている柴田剛で、
ヒロインには、「仮面ライダーキバ」で注目を集めたU-15のアイドル
小池里奈さんです。

 7月12日から8月8日まで、全国に先駆けて、
高松亀井町のソレイユ2で上映が
決定していますので、お知らせします。
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。