スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(12)一夜干し」を紹介・NHK「ふるさとの食 にっぽんの食」が生中継

日中、仕事の手を休めて、疲れた目を癒すために、
窓から見える青く輝く瀬戸内海を見ていると、
改めてこの内海の美しさを実感し、気分もリフレッシュできます。

瀬戸内海についての一考察
 「瀬戸内海」、
なぜ瀬戸内海なのか、考えたことありますか?
明石、鳴門、豊後海峡の速吸(はやすい)など
4つの瀬戸(狭門=せとが語源)に
囲まれた内海だからですね。

 おそらく、この瀬戸内海の美しさを最初に世に知らしめたのは、
シーボルトだと言われています。
彼の旅行記には、しっかりかかれています。
 ただ、西欧でも、多島美の内海の美しさを評価し始めたのは、
18世紀から19世紀にかけてのロマン主義からだといわれています。

 瀬戸内海の美しさが世界中に知れわたったのは、
明治維新直後に訪れたドイツ人の地質学者
フェルディナント・フォン・リヒトホーフェンの旅行記に
よるものだとされています。
彼は、シルクロードの命名者でもあります。

 穏やかな瀬戸内海は、昔から交通の要所でした。
陸上交通がまだまだの時代、瀬戸内海のように
いつも波がなく、穏やかな内海は、
当時の人から見れば、大切な海の道路でした。
浮力を活用すれば、かなり大規模な人や荷物が運搬できます。
 
 私たちの想像をはるかに超える人と物の交流は、
こういう海上交通を抜きには考えられません。
栗林公園にだって、300年以上に、
薩摩の島津の殿様から、ソテツが何十本も送られてきて、
いまも枯れずに元気に育っていますし、
かつて朝鮮半島にあった巨岩も、運ばれてきています。
船なくして、このような巨大なものが運ばれてはきません。

 瀬戸内海は、そういう意味で、交通の大動脈であり、
当然、それに臨む地域は、開けてにぎわっていました。

 豊玉姫伝説という古事記や
屋島城(やしまのき)という日本書紀の世界、
桃太郎の姉である田村神社の祭神の百襲姫の話、
志度寺創建、国分寺創建、
さらには、
なぜ平家が屋島檀ノ浦に船を留め、仮御所まで建設したのか、
生駒家が高松に来る前から、野原の荘という名前にもかかわらず、
「さぬき」は、たいへん栄えていたのではないかということは、
瀬戸内海という交通の大動脈を考えれば、
常に歴史の表舞台に、ふるさとはあったのではないかということも
容易に想像できます。

 瀬戸内海、これから夕焼けもますます美しくなります。
世界に誇れる内海の美しさ。

 この美しさにほれ込んで、ヨーロッパの国から、
代表して、素晴らしいゲストが来月瀬戸内海に来られます。
私も案内の傍役を務める予定です。

 いまこそ、瀬戸内海の美しさを人に語れるくらい
各人が勉強すべきですし、大勢の皆さんを全国からよばないといけません。
今年は、メモリアルイヤー、
そして共通キーワードは「瀬戸内海」なのですね。

 私たちは、ようやくこの瀬戸内海の魅力を意識し始めました。
今年は、瀬戸内海魅力発信元年です。
分野に拘らず勉強しましょう!
おもしろい発見がたくさんあるはずです。
そして、情報共有こそが肝心です。

 また、皆様からの貴重な情報、お待ちしています。

●「出没アド街ック天国」で小豆島特集がオンエア
 15日土曜日の夜は、テレビせとうち(テレビ東京系列)の
人気番組「出没アド街ック天国」で小豆島特集がオンエア。

 私は、この情報は入手していなく、番組開始後、ある方から連絡を受け、
番組の途中からでしたが、見せていただきました。

 ゲストが俳優の石倉三郎さんでしたが、番組の中に、
たとえば、こども時代に、朝ごはんが食べられず、毎朝、金持ちの友達から、
もらったトーストの話など、石倉さんの幼い時の極貧の生活が再現され、
また控えめな彼のコメントにぐっと来るものがありました。
特に、近所のそーめん工場からもらった「ふしめん」を
スタジオで食べる石倉さんの姿は、却って
改めて飽食日本を実感せざるを得ませんでした。
石倉さん、せりふは少なかったですが、
好感度最高でした。

◎テレビ「出没アド街ック天国」で小豆島ベスト15

・第15位・・・お猿の国「銚子渓」
  寒さ対策として寄り添うサルたちの写真が、かわいいと大好評。

・第14位・・・HICOS
  土庄町の創作料理和食レルトラン 
  巨匠黒澤明監督に、創作料理を認められたオーナーが開業している
  本格的なレストラン。現在地元で、人気となっている。

・第13位・・・島四国88ヶ所霊場
  既に皆さんには、情報提供してきました、笠が滝奥の院の鎖を使った
  ロッククライミング的な参詣風景が、今でも人気スポットです。

・第12位・・・島宿「真里」
  しょうゆ会席は人気。7つの部屋のうち、特に大人気の「ひしの間」の
  2階には、ふかふかのお布団と、樽風呂が目玉。
  1名29,000円(2名宿泊)で、予約は、3ヶ月先までいっぱい。
  (こぼれ話・・・インターネットは、今では、3ヶ月先までしか
          予約できませんが、かつては、無制限でした。
          ところが、予約したお客さんが忘れることも
          多くなって、3ヶ月に短縮されたという逸話も
          あるほどです。)

・第11位・・・小豆島佃煮
  いものつるの佃煮が発祥という。特に亜味撰のごまコンブがいいと
  番組は語っていました。

・第10位・・・二十四の瞳映画村
  貸衣装もあるとのこと。
  すぐ近くの「とみた屋」のおでんがお勧めという。

・第9位・・・・千枚田
  中山地区の千枚田
  中山春日神社の農村歌舞伎は、今年は10月12日開催
  この時に提供される、「破子(わりご)弁当」は、
  昔から地域に伝わる、お弁当の中身が崩れないように工夫されて
  おかもちに入った変わった形の
  お弁当箱に入っています。

・第8位・・・・かどやのごま油(あぶら)
  創業150年
  全国シェア日本一 
  (1日20万本製造と聞こえたが、これはほんとうかな?)
  そうめんには不可欠  町の食堂には必ず置いている

・第7位・・・・島の地魚
  漁師飯2種が紹介された
   コノシロを潰してごはんにかけたさつま
   マダコ1匹使用したたこ飯

・第6位・・・・手延べそうめん
  島内には150軒のそうめん製造所あり
  9つの工程で半日かけて製造
  特に、平井製麺所の「かまあげそうめん」(550円)は、おいしそう。
  また、「ふしめん」(ふし=そうめんが架けている木に当たって
  ラウンドしているところ)は、石倉さんも久しぶりに試食して絶句。

・第5位・・・・オーシャンビューのホテル
  内海湾に望む「ネオオリエンタルリゾート小豆島
   テレビ「二十四の瞳」撮影で主演の黒木瞳さんが1ヶ月滞在したホテル
   私も先日、この最高級スイートの部屋で、コーヒーをいただきましたが、
   窓全面に広がる内海湾と寒霞渓の迫力は圧倒されます。

  小豆島国際ホテル
   ここからは、エンジェルロードも見えます。
   露天風呂に近い部屋風呂も大人気。
   エンジェルロードで採ったアサリは、ホテルに届ければ翌日の
   朝食に出してくれます。

・第4位・・・・醤油  
  400年の歴史  今も18の醤油醸造工場あり
  ヤマクロ醤油のもろ味樽30本は圧巻 
   また庭で食べられるやきもちも大人気

・第3位・・・・寒霞渓
  日本3大渓谷(大分の耶馬溪、群馬の妙義山)
  山上には、18年前に1億円で製造されたトイレが人気 
  床暖房とは知らなかったです。
  きれいに清掃され、あまりのきれいさにここでお弁当を食べていた
  観光客がいたと清掃員が証言 

・第2位・・・・オリーブ栽培100周年
  100年前、小豆島、鹿児島、三重で栽培開始され、
  小豆島だけが経済栽培に成功
  井上誠耕園の「緑果手摘みオリーブバージンエクストラオイル」は
  大人気

そして、

・第1位・・・・二十四の瞳(壷井 栄)
  地元の演出家 照木ひでひろさんが、いまも活躍
  全国青年文化祭などで全国1位を何度も獲得

 
 番外編
 ○マルキン醤油が販売している「手作り醤油キット」(3,000円)は、
  大人気。
  半年でもろみ、1年で醤油ができるという。


  なお、詳細な情報は、下記のURLをご覧ください。
  ベスト30位から、掲載されています。

  しかし、それにしても、小豆島は、今年は、
  オリーブ100周年で盛り上がっているはずなのに、
  なぜこういうテレビのオンエア情報が、県に流れてこないのか
  情報共有できていないのかわかりません。

  小豆島のことが、1時間でよく分かる密度の濃い番組でしたので、
  なおさら惜しい気がします。

  番組では、土庄町の現職職員も出演していました。
  当然、土庄町や小豆島町には、オンエアの話は入っています。

  なぜ、それが県に流れてこないのか、不思議でなりません。

  少なくとも、県(広報部門)や関係市町には流して、
  そこを通じて各職員に流すべきだと思います。
  情報共有は大切です。
  ましてや今年はメモリアルイヤー、
  もっとドンドン積極的にPRすべきです。

   http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/080315/index.html

●高松市教育委員会の対応に苦言
 16日、屋島で、屋島城の現地説明会が開催されました。
今回の見学会が終了すれば、城門周辺にある石垣の積み直しをするために、
今回の見学会を見逃すと、平成13年度までは見れないとのこと。
 この屋島城は、たいへん貴重なもので、このような見学会が
開催されることに多くの市民や歴史ファンは待ち望んでいますし、
私の周りでも興味のある人が結構います。

 しかし、今回も高松城の石垣解体工事見学同じく、
見学会が、2、3日前に突然発表され、
それも、わずか1日の2時間程度。
これでは、折角の機会に見に行こうと思っても、
なかなかその予定にあわせられるものではありません。

 今後6年間で、総事業費1億数千万円をつぎ込む大きなプロジェクト。
それだけの税金を使うのなら、なぜもっと事前に見学会の発表をしないのか、
なぜもっと時間に余裕を持って、見学会の対応をしないのか、
まったく理解できません。

 せめて、1週間前にでも、土日2日間くらいは実施することが
なぜできないのかよくわかりません。

 極論すれば、見学会を開催したという実績だけをつくっただけにしか
受け取れないと、私の周りでもブーイングの嵐で、
これもお役所仕事と、私も公務員ということで、批判受けています。

 確かにその指摘、私自身もよく分かります。
確か、高松城の石垣解体工事には、立ち会えませんでした。
残念でしたが、仕方なくあきらめました。

 折角の機会、もう少し、見学者の都合も考えて、
もっと早めの周知と、
もっと長い期間の見学会(せめて2日間の開催)くらいは
見学する側の立場にたって、今後考えていただきたいと思います。


●NHK「ふるさとの食 にっぽんの食」が生中継されます!
 3月22日(土)、23日(日)の2日間、
東京渋谷NHK放送センター野正面玄関前で、
全国から、ふるさとの食にっぽんの食が大集合します。

 これに併せて、特集番組「ふるさとの食 にっぽんの食」が
生中継されますが、
なんとここ高松からも生中継させていただきます。
 
 高松からは、この1年間、瀬戸の地魚の大好きな人間が集まって、
観光客や地元以外の方に、瀬戸のおいしい旬の地魚をいつでもおいしく
召し上がっていただくために、
1年をかけて試食を繰り返し、考え出した、
地魚の「一夜干し」を紹介させていただきます。

 大の魚ファンの民間の方に加えて、
県農政水産部や観光交流局職員らも大勢個人の立場で参加して
瀬戸の地魚大ファンが集まって、「干される会」を結成。
この1年間、
季節ごとの試食を繰り返してきました。

 一夜干しとは、干物とは違います。
太陽に当てる天日干しの干物ではなく、夜風に一晩さらして、
水分を適度に蒸発させ、魚の持つうまみを凝縮させたものです。
冷凍すればいつでもどこでもおいしい旬の魚の味が賞味できます。
 試食を繰り返しましたが、ほんとうに一夜干しは、
至極のおいしい食べ方です。

 瀬戸内海の地魚のほんとうのおいしさを味わうためには、
その味が凝縮された新鮮な「一夜干し」が最適ということで、
この1年間、なんとか瀬戸内海の美味な地魚を広めたいという
有志が集まった「干される会」で旬の地魚を実際に「一夜干し」を
試食して味わった結果、
ほんとうにおいしくて売れるものがあるということがわかり、
まずは、そのお披露目も兼ねて、今回
NHKテレビに登場となりました。

 県産品関係では、東京では、
試食もできるものとして、
蜆佃煮ごはん、こんにゃく昆布佃煮、アスパラガス、
地物イイダコ、
一夜干しとしては、地物アナゴ(ベエスケ)、地物シズ、地物タイラギ
さぬきうどん、醤油豆 讃岐コーチンの焼き鳥などを
紹介させていただきます。

 高松からは、このうち、
一夜干しを生中継で紹介させていただきますので
ぜひご覧になってください。

 NHK「ふるさとの食 にっぽんの食」の生中継は、
22日土曜日、第一部が12時15分~12時43分
そして、第二部が13時50分~14時43分までとなっています。
よろしくお願いします。

 
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。