スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(115)あと何回サクラが観れますか?

 二十四節気では、
4月5日の「清明」を迎えます。
万物ここに至り皆潔斉なして清明なり・・・
すべてに芽吹きが始まり明るく清らかな季節です

 七十二候では、
清明の初候の玄鳥至(燕が南からやってくる)の候から、
次候の鴻雁北(雁が北に渡って行く)の候です。

栗林公園ライトアップ追加決定!
 今年は、高松地方気象台が3月20日の16時、
サクラの開花宣言をしました。

 通常であれば、開花後、約1週間から10日で満開になる予定が、
今年は、気温の低い雨の日が多く、
また晴れていてもかなり冷え込んだなど
気象条件が満開になりにくい状況が続き、
天候不順で満開の時期がかなり遅れ、
ようやくライトアップ予定最終日の4日に、
ソメイヨシノの標本木において、4日14時に高松地方気象台が
満開の状態を観測し、15時に満開を発表しました。

 栗林公園での春のライトアップは、4日(日)に終わる予定でしたが、
公園観光事務所でも、数日前に満開の時期を4日頃と予想し、
今後、5日から1週間は満開の状態が続くであろうと考え、
今後の天気予報、平日よりは金土に人が集中しやすいことなどを考慮して、
9日(金)と10日(土)の2日間のみですが、
ライトアップを追加実施することにしていたので、
よかったです。

 ライトアップの追加実施は、厳しい財政状況の中では容易には
判断できにくいことですが、
今から見頃という時期に、ライトアップ終了とはということでは、
やはりおかしいです。
 9日(金)、10日(土)と今のところ天気に恵まれる予定ですので、
大勢の皆様、お誘い合わせのうえ、お越しください。

 ボランティアガイドで、アメリカやヨーロッパの方を案内しますと、
彼らは桜と言えば、さくらんぼを連想します。
それに比べて日本人は、欧米人の経済性連想より、どちらかといえば
高い精神性で連想します。これは大きな違いです。
それは、私はこう解釈しています。
今でこそ、当たり前の冬越し。しかし、冷暖房のない時代に夏や冬を
越すことは一歩間違えれば死に繋がります。
厳しい冬の寒さに耐え切った後、美しく咲いた桜は、
さすが感慨深いものがあります。
他の季節にも
美しい花はありますが、それでも桜が一番となるのではないでしょうか!

 サクラを愛でての花見もいいものですが、
サクラを観れるということは、厳しい冬の寒さに耐え切った、
その結果であり、命あることの実感を思ってのその喜びと感謝の気持ちは
しかしいったい何人の人がそのように感じているのでしょうか。

 日本はほんとうに恵まれています。
そして当たり前のように、
多くの日本人がその恵まれた状況を受け取っていますが、
実は、将来までそのような恵まれた状況が続くかどうかは、
何の保障もないのです。

 この世に生を受けて、実はサクラの花を愛でられるのは、
120歳という天寿をまっとうしても、
わずか120回しか見られないのですね。
わずか120回。

 でも、平均寿命は、男女とも79歳から85歳くらいですから、
実際はもっと少なく、ほんとうに限られた回数なのです。

 このメールを読まれている皆さんは、
あと何回サクラを愛でることができますか?
そう考えると、とてもサクラがいとおしくなりませんか。
いや、サクラだけではありません。
道端の草花、野良猫、足元を這う蟻どころか、ゴキブリさえも・・・
この世に存する生あるもの全てがいとおしくなります。

 サクラを観れるということは、すなわちそういうことなのです。
だからこそ、単にお酒を飲んで騒いだり、宴会をするだけではなく、
ほんのひと時でもそういうことを思っていただければと思います。
そう思うと、世界が違って見えるはずです。
隣にいる人に無性に話がしたくなるはずです。
サクラとは、そういう不可思議な花だと思います。

・「さまざまの 事おもいだす 桜かな」 芭蕉
 芭蕉の詠んだ句碑は、県内にもいくつかありますが、
どうも芭蕉自身は、讃岐には来られていないようです。
でも、芭蕉は、この句を詠んで、いったい何を思いだしたのでしょうか?
興味あります。

 連歌を、俳句(俳諧連歌)として庶民に広めたあの山崎宗鑑、
実は、亡くなるまでの約30年を、観音寺市「一夜庵」で過ごしたことを、
ご存知ですか?
室町幕府9代将軍足利義尚(よしひさ)や師匠であった一休禅師も
亡くなり、宗鑑は世を儚み出家して僧になり、
その後、俳諧連歌集「犬筑波集(いぬつくばしゅう)を編集し、
俳諧の祖と言われました。
居住地山崎にも戦火が広まり、友人であった讃岐国の興昌寺の梅谷和尚を
頼って、観音寺に移りました。

 観音寺市に住んでいる地域おこしのグループの数人方に、
俳句でまちおこししてみませんかとお話したところ、
俳句は松山ですよと笑われたことがあります。
松山は、確かに正岡子規が育ったところですが、彼は近代俳句です。
俳句は、宗鑑です。
なぜ、俳句は松山ですよと言われるのかわかりませんが、
もっともっと宗鑑のことを勉強してほしいと思いました。
松山なんかに負けてはいけません。
俳句は観音寺、そう思ってどんどん仕掛けるべきです。
住んでる人が、その宝ものを放棄して、
いったい誰が地域を元気にしてくれるのでしょうか?
誰もしてくれません。
地域の人が頑張れば、地域が元気になります。
そういうところに人は来るものです。
そう思います。

・「願はくは 花の下にて われ死なん そのきさらぎの望月のころ」 西行
 西行は、讃岐国にも来ています。
上田秋成の「雨月物語」には、
旧主崇徳院の陵墓白峰を訪ねて霊を慰めたことが書かれていますし、
また、西行は真言宗、同じ宗派の師の弘法大師の遺跡巡礼も行っています。
さらに、能「松山天狗」も実は、シテが崇徳上皇、ワキが西行ということで
演じられています。
 白洲正子さんが書いた「西行」は一読の価値ありです。
ぜひともお勧めしたい本の一つです。

・「花は桜 人は武士」
武士の理想的な生き様を、桜の散り行く潔よさにたとえています。

 わずか17字、31字に人生観を盛り込む俳句や短歌、
ほんの少し前までは、ちょっとした大人なら教養として身につけていた
すばらしき日本人。
俳句や短歌を詠むには、心に余裕が必要だし、自然に生かされているという
謙虚な態度で、いつも自然に目を向け、季節の移り変わりを楽しみ、
自然の恵みに感謝する謙虚な気持ちが必要で、
実は、これこそ現代人にもっとも欠けている視点であり、
必要とされている生き様だと思います。

 染職家 人間国宝 志村ふくみさんの「色の変化で季節を知る大切さ」、
便利さに誘惑されずに「待って」旬の素材を味わう心の余裕を訴える料理
研究家の辰巳芳子さん、お二人とも80歳を超えていますが、語る言葉
一つ一つに重きがあり、考えさせられる方たちです。
いつかまたこのお二人のお話をさせていただきます。
そして、特に辰巳芳子さんは、実は香川県のある業者の作る製品に
ことのほかほれ込んでおり、最近その方と偶然にもお話できた幸運が
ありました。このお話もまたいずれさせていただきます。 

 でも、サクラって、平安時代になって、
初めて、「花は桜」と言われるようになったようで、
古事記、日本書紀、万葉集などにも桜の記述はありますが、
奈良時代までは、花といえばそれは梅でした。
原産としては、日本よりはるかに品種の豊富な中国でも、
桜は日本ほど人気がなかったようです。
 しかし、桜は、葉が出揃う前に
いきなり花が咲くということで、古代からその神秘性や生命力の強さに、
多くの人は驚き、愛でてきました。
 桜全体を総称する別名である乳母桜(姥桜)は、現在では多くの人が
悪いマイナスイメージを持っていますが、これは、桜の「葉なし」と
姥・乳母の「歯なし」をかけて生まれました。
その神秘性・生命力の強さのシンボルですから、
乳母桜(姥桜)は、若さは過ぎたが、女性の美しさや色香は
なおますます輝いていることを意味しています。

 けれども、年配のご婦人に、あなたは乳母桜のような方だというと、
現代では間違いなく、失礼にあたると思いますので、
あまり言わないほうが賢明かもしれません。(笑い)

●那須幹博の 讃岐のほんまですか?
 ビジネス香川BK(2010年1月下旬号:第10回)
シリーズ10 栗林公園2  日本を代表する畢竟の大名庭園・・・

 栗林公園が、なぜ多くの入園者を魅了するほど素晴らしいのか、
日本を代表する畢竟(ひっきょう)の大名庭園なのか、
簡単にのべます。

①広さ日本一・・・180の文化財庭園の中で日本最大の広さ。
      面積約75haは、東京ドーム16個分もあるほどの広大さ。

②歴史日本一・・・生駒4代藩主高俊公の時代(1630年代)に、
      外祖父であり城造りの名人であった藤堂高虎(伊勢津藩初代
      藩主で史上最強の外様大名)の家来であり、天才土木技術者で
      ある西嶋八兵衛が築庭してから約380年の歴史を有する。

③築庭期間日本一・・・高松藩5代藩主松平頼恭(よりたか)公まで、
      なんと約100年もの長い歳月をかけて築庭された。
      ちなみに岡山後楽園は13年、水戸偕楽園はわずか9年で
      完成している。

④長寿のシンボルである「松」の数日本一・・・園内平地には、
      約1,400本の松があり、そのうち手入れ松約1,000本の
      樹芸は他に例を見ない。園内には、6本のお手植え松があるが、
      大正天皇が皇太子の時に訪れ植樹した掬月亭南のお手植松だけは、      なぜだか手入れされていない。

⑤日本一の鴨場・・・鴨引き堀が残る鴨場は全国でも5箇所しかなく、
      公園東門北に遺構が発見され復元された鴨引き堀は、幅、
      長さとも日本一の長さである。

⑥数寄屋建築の第一人者である村野藤吾氏も絶賛した掬月亭・・・空から
      見ると北斗七星の形をしていたと言われ歴代藩主に愛用された
      掬月亭には、菱形格子模様の透かし床の間や和紙張り天井など、
      永遠のモダン意匠が残されていると絶賛。

⑦エリザベス女王のおじのお手植松・・・「王冠を捨てた恋」で世界中を
      熱狂させたエドワード8世(現エリザベス女王のおじ)の
      お手植松がある。

⑧三千家のひとつ武者小路千家の発祥の地・・・高松藩初代藩主松平頼重公が、
      千利休のひ孫にあたる千宗守を京都から招聘し約2年半
      茶道頭として登用。
      宗守はその後京都の武者小路で新しい流派を開設。別称官休庵は、
      高松藩の茶道頭を辞したことから名づけられた。

⑨茶室 新日暮亭・・・江戸時代初期の様式を伝える茶室新日暮亭は、
      土間併設の全国でも珍しい茶室であり、露地も降蹲(おりつく
      ばい)で稀少である。


●情報発信
栗林公園の月釜
==================================================================
 江戸時代歴代藩主が大茶屋と呼んでこよなく愛した茶室「掬月亭」。
定例茶会である月釜を開催します。お気軽に御参加ください。

【日時】4月11日(日) 9時~16時(最終受付は15時30分まで)
【場所】栗林公園 掬月亭(きくげつてい)
【席主】表千家同門会香川県支部
【料金】710円
(入園料別。入園料とのお得なセット券もあります。1,080円)
【問合せ先】栗林公園観光事務所 087-833-7411


②栗林公園で優雅な昼食を
==================================================================
 栗林公園内の茶室「掬月亭」と「日暮亭」でちょっと贅沢で優雅な
昼食はいかがですか。高松の老舗料亭「二蝶」による春に彩られた
「季楽点心(きらくてんしん)」です。

【日時】~6月30日(水) 11時30分~13時30分
【場所】栗林公園 掬月亭(きくげつてい)、日暮亭(ひぐらしてい)
【料金】3,150円(入園料別)
   ※昼食後、御希望により抹茶(菓子付き)も召し上がれます。
(別途200円)
【予約】2名様より前日正午まで受付
【予約先】料亭 二蝶 0120-85-7170
           http://www.nichonet.co.jp
Special Beauty Spot Ritsurin Garden

Ritsurin Garden,a Daimyo's garden was designated as the 8th special beauty spot in Japan in March,1953.It is the largest,representative“Kaiyushiki-teien"(landscape garden designated for strolling through) in the country.
Under the Cultural Properties Protection Act,at present,a total of 23 gardens have been classified as special beauty spots. Of these,6 are Daimyo gardens and 13 are temple gardens.
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。