スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(93)生きていることが、幸せ・・・。

 二十四節気では、
10月23日に霜降を迎えました。
七十二候では、
霜降の初候の霜始降(霜が降り始める)から、
次候の霎時施(小雨がしとしと降る)の候です。

 瀬戸内国際芸術祭のキックオフイベント、
昨日の日曜日25日に開催されました。
ロゴマーク、一部芸術家など公表されましたが、
これからが楽しみです。

 ○瀬戸内国際芸術祭
   http://setouchi-artfest.jp/

 栗林公園も後楽シーズンを迎えて、大勢の観光客でにぎわっています。
私のガイドも、メディア関係、大学教職員関係、アーティスト関係者など
目白押しですが、がんばって対応しています。
 ガイド終わった時の、お礼の言葉で益々パワーアップしています。
元気いただき感謝です。
先週もありがとうございました。
今週もよろしくお願いいたします。
多くの人と出会えて、人と人とのネットワーク、
大切な財産になってきています。
日曜日にガイドさせていただいた皆さん、心から感謝しています。

●オリオン座流星群・・・
 冬の星座オリオン座が、夜、東の空によく見える、
そういう季節になってきました。
(夏の日中、オリオン星座は天上にあるのですが、
 太陽の光で見えないだけですが・・・)
そして、夜中から早朝にかけて、秋の夜空を彩る「オリオン座流星群」が
現在、ピークを迎えています。
条件がよければ、1時間に50個以上は流れ星が見れます。
流れ星に、願いをかけてみませんか?
多少の寝不足は、願いがかなえば、どってことありません。
お布団に三つ子が並んで寝ているオリオン座。
三つ子の斜め下でよく流れ星、見えますから、ご確認して、
星に願いを・・・。

小豆島土庄 エンジェル・ロード
 久しぶりに小豆島直島に出かけてきました。
出かけた2日間とも絶好の秋日和で、命の洗濯してきました。

 小豆島は、土庄町のエンジェル・ロード、
弁天島から中余島まで、歩いてきました。

 ○エンジェル・ロード
 http://www.shodoshima-kh.jp/angel/index.php

 暖かい日差しのもと、心地よい風の中、
渡り始めたのは、
まだまだ潮が引き始めた時で、ロードは狭く少し心細かったですが、
それでも次第にロードが広がっていくような気持ちがして、
私は1人で一番近くの中余島まで往復してきました。
私以外は、ほとんどカップルで、
たまたま手話で会話している聴覚障害者のグループと一緒になりました。
皆さん、私より年配者でしたが、私と同じ方向での、
男女仲良く手を繋いでの彼らのエンジェル・ロード散策の姿は、
爽やかな潮風の中、素敵な笑顔と手話の手の動きが新鮮で、
まるで映画の1シーンを見るかのようでした。
おそらく耳の障害で言葉を十分話せないと思われる人たちだけど、
皆さんの笑顔は、最高に輝いていました。
手を繋いでいたので、夫婦同志だと思いますが、
一生懸命力を合わせて生きているんだと思うと、感動すら覚えました。
障害を負った人生は、私が想像できないような過酷な時期もあったと
思いますが、それでも、生きてこれた幸せ感、
感じさせていただきました。
生きてこその人生、生きて生まれたことへの感謝、
忘れてはならないと痛感しました。

 1日に2回しか現れない道、エンジェルロード。
ぜひとも一度歩いてわたってください。
天使が舞い降りた道、エンジェル・ロード
ハート型の幸せの絵馬も購入して架けられます。
いい思い出になります。

直島・・・
 直島も天気に恵まれよかったです。
直島・・・今から20年ほど前は、禿山だった過疎の島。
それが一番合わないと思われていた現代アートというものを持ち込んで、
一大文化ゾーン建設に着手。
地道な努力が実って、今から9年前の2000年3月、
欧米ではトップクラスのトラベル雑誌「トラベラー」で、
死ぬまでに訪れてみたい世界の7大観光地のひとつに
挙げられるほどの人気スポットになりました。

 パリ、アレクサンドリア(エジプト)、リオデジャネイロ(ブラジル)、
ビルバオ(スペイン)、ベルリン、そして直島アイランド、
最後はドバイでした。
この雑誌が出版された当時、日本の旅行界は、「直島」という所を
ほとんど知らずにいったい「直島」ってどこだと大騒ぎだったようです。
過疎の島に似つかわしくない現代アートが却ってよかったのかもしれません。
真逆のものを持ってくることによって、
今まで見えなかった周辺の素晴らしさが認識できる典型例になりました。
自然、そこに暮らす人々やその生活、風景など、
何気ない当たり前と思っていたものが、
実は、宝ものであったと気づかせてくれました。
素晴らしい現代アートに触発されたおかげだと思います。

 たとえば、いまや直島のシンボルともなった草間彌生さんの「かぼちゃ」。

  http://kagawa.weblike.jp/index.html

 実は初めてその作品を見たとき、
当時の草間さんのほかの作品を知っていただけに、
相当変わった女性で、インパクトが強く、
彼女の強烈なシンボルマークでもある数多くの奇妙な水玉模様、
巨大なかぼちゃということで、ほとんど作品の意味が理解できませんでした。

 しかし、突堤の先端に置かれたそのかぼちゃは、瀬戸内海を背景に
そこにあるのが自然な如く、不思議と周辺の景色にマッチし、
その意外さに自分でも驚いた次第でした。
その作品をケータイで撮影したのは、今から5年前くらい。
記念に撮影はしたものの、
それでも素直には受け入れられずに、
しかしなぜか心のどこかに引っかかり
気にはなっていました。
(このあたりから、今から考えれば彼女の作品に既に魅せられて
 いたのかもしれません。)
 だが、気がつくと、ある日、
なんと自分自身のケータイの待ちうけ画面に
草間彌生さんのかぼちゃがいつの間にかアップされており、
何時の間に?と驚いた次第でしたが、
今でもそのまま変わらず私のケータイの待ちうけ画面になっている事実は
自分自身でも不可思議な感じです。
そして、それ以降、草間さんの展覧会や画廊の作品展には、
なぜか惹かれて必ず入ってしまうから、不思議です。
やはり、只者ではありません。

 草間さんは、今年で、80歳のスーパーおばあちゃんですが、
幼少期より、総合失調症を患い、幻覚や幻聴を絵にしていたと
本人は話されています。
彼女は元々専攻が日本画でしたが、どうも画壇になじめず、
個展を繰り返して、とうとうアメリカに単身で飛び立ち、
活動の中心をニューヨークに移して、才能が認められました。
彼女は、作品を、ヴェネチア・ビエンナーレに出品したりしていましたが、
インドでは大歓迎を受けたと記憶しています。

 1960年代には前衛の女王とも呼ばれていました。
彼女は、実はなんと小説家でもあり、
第10回野生時代新人賞も受賞しているのです。
リアルでエロチックな作品も多いですが、
やはりスーパーおばあちゃん、すごい方です。

 直島では、崇徳上皇神社にも初めて訪れました。
保元の乱で敗れた崇徳上皇は、讃岐の地に流される前に立ち寄った島、
島民がとても純朴で上皇に対して親切で、
その上皇の感動がそのまま直島の名前になったという言い伝えがあります。
そして、縁の地が崇徳上皇神社となったわけですが、
本村から、島の東側の道路をベネッセアートサイトに向かって
歩いている途中の少し奥まった山の裾野にありました。
今ではもうあまり目立たない場所になっていますが、
850年近くの歴史を感じました。

 また、久しぶりに地中美術館を訪れ、
このたび新しく展示されたいモネの「睡蓮」を見てきました。
モネのような印象派がなぜ日本人受けするのかは、
以前にもお話しましたように、やはり浮世絵(ジャポニスム)の影響が
あったことは間違いありません。

 浮世絵のいわゆる余白の美、遠近法、デフォルメ、大胆なタッチに
色使いなど、浮世絵が与えて影響は大きかったと思いますし、
同じ印象派の代表であるゴッホも、
浮世絵と出会わなかったなら、画家にはならなかったとまで
言っています。

 モネは、画家でも珍しく生前に作品が売れた画家であり、
人気のある作品は多作です。
「睡蓮」シリーズだけでも、数多くの作品を制作しています。
モネの「睡蓮」が日本人に人気なのは、やはり、
睡蓮の絵から、浮世絵に代表される作品を彷彿されるからだという方も
おられます。

 睡蓮を見てみると、多くの作品が、絵は水面と睡蓮が主ですが、
水面に周囲の樹木の影や、空や雲などを映しています。
水面に、その絵の外の周囲に存在するものを
あえて影で水面に描くことによって、
広がりを出しています。
いわゆる「断片」から広がりの技法です。
絵は、景色のほんの一部分、断片ですが、
無意識に私たちは、その周りの広がりをイメージして想像しています。
日本の浮世絵などが、過去から未来への時の流れを1枚の紙に
描き続けることがあるように、空間や時間の広がりを楽しむことができ、
その手法がこの「睡蓮」にも現れています。

 直島地中美術館は、モネの間が、個人的には好きですが、
床に70万個敷き詰めた大理石も、その気の遠くなるような作業を想像して、
今回も驚嘆してしまいました。
ジェームス・タレル、ウォルター・デ・マリアなど、
解説を聞けばなるほどと思う現代アート作家も、
私の理解をはるかに超える素晴らしい芸術家なのだと思いますが、
やはり今回も私には難解でした。

 そのあと、直島銭湯 I LOVE YOUを見てきました。

  http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_7586/

 宇和島在住の大竹伸朗さんの作品ですが、
今年の7月にオープン以来、もう入場者数1万人を
超える勢いで、訪れた時も活気がありました。
ガイドの方の解説はよくわかったのですが、
それを理解するのはなかなかで、しかし、
この銭湯にのんびりと浸かって楽しめば、
そういうことは体で感じるものだと思いました。
コンセプトは、「ムラムラ感」。
何か怪しげな語感ですね。
皆さんも一度銭湯に入ってみてください。
入湯料金は、500円。記念タオルは、300円となって、
売れ行き好調のようです。

 そして、直島で忘れてはならないのが、
島民の方。
ボランティアガイドや直島女文楽、あるいは
家プロジェクトなどで協力していただいている皆さん。
ほんとうに気持ちのいいおもてなししてくれます。
直島の宝物は、島民の方々なのです。

●情報発信
①県立公渕公園の菊花展が開催されています・・・
 今年も恒例の県立公渕公園の菊花展が,
10月15日~11月15日まで開催されています。
四国一の菊花展で会員110名(内30名が徳島県)の皆さんが、
丹精こめて作った作品約3千展が出品されております。
今年からは徳島県知事賞もあるようです。
開催期間中には毎年12万人の入園者で賑わいますが、
毎年、知事も忙しい中、公園に足を運んでいます。

②四国を軽くしよう!2009年冬の陣(再掲)
 四国の4大学の若者集団、四国青年NGO HOPE 事務局が、
この冬に行動します。
名づけて、「四国を軽くしよう!2009年冬の陣」
詳細は以下のとおりです。

【企画名】
四国を軽くしよう! 2009年冬の陣

【目的】
 四国各地には、青年活動に取り組む青年が多く存在します。
彼らはその想いを遂げるため、地域社会・住民とのパートナー
シップ体制の構築を望んでいますが、得てして青年と地域住民が出会い、
対話する機会は少なく、効果的なパートナーシップ体制は
あまり多くありません。
 本企画は、地域社会における環境問題への意識の向上は
当然のことながら、同時に、青年と地域住民がパートナーシップ体制を
構築するためのきっかけを提供することも目的としています。
なお、今後は年間2回の定期開催を予定しています。

【企画概要】※全会場共通
 四国4会場に有志で集まった参加者が、“同じ日”の“同じ時間”に、
各会場周辺のゴミ拾いを行います。それによって集まったゴミを
持って、“同じ日”の“同じ時間”にジャンプすることで、
集めたゴミの重さ分だけ四国が軽くなります。

[開催日]
  2009年12月6日(日)

[タイムライン]
  10:00 正門集合
  10:30 ゴミ拾い開始
  11:30 ゴミ拾い終了
  12:00 ジャンプ

[参加費]
  無料

【主催・運営協力】
 主 催:四国青年NGO HOPE
 愛媛会場運営協力
まつやまNPOサポートセンター・重信川エコリーダー
  Re:cap~みんなのチカラ~プロジェクト・
愛媛大学ECOキャンパスサポーター
 香川会場運営協力
四国経済産業局・四国環境パートナーシップオフィス
  香川大学教育学部学生連合ネットワーク・
香川大学サークル連合H.O.P
 高知会場運営協力
高知大学環境サークルESWIQ・環境活動支援センターえこらぼ
  高知県ボランティア・NPOセンター・NPO法人 NPO高知市民会議
  NPO法人 NPO高知市民会議・NPO法人 高知市こども劇場
 徳島会場運営協力:徳島大学学生ボランティア部・R-Style

【開催場所】
 愛媛会場:愛媛大学城北キャンパス
 香川会場:香川大学幸町キャンパス
 高知会場:高知大学朝倉キャンパス
 徳島会場:徳島大学常三島キャンパス

 まずは、行動、そしてスタートします。
みんなで応援しませんか?
さらに一歩踏み出し、参加してみませんか!

③青鬼くんの観光情報’(再掲)-
イベント情報など、観光香川のとっておき情報
 てくてくさぬき秋 実施中です!

 「てくてくさぬき」の秋は、「さぬき文化祭」をテーマに
様々なプログラムを実施しています。
全98コース実施するまち歩きのほか、文化財遺産の特別公開や、
食文化企画、手業体験や瀬戸内海クルーズなども実施中です。
また、いよいよ秋祭りのシーズンが到来です!香川の秋を楽しんでください。

 ◇てくてくさぬき香川のまつり
   http://www.tekuteku-sanuki.jp/pickup/08.html

 ◇てくてくさぬきホームページ
   http://tekuteku-sanuki.jp/

 ◇てくてくさぬきパンフレット(秋)
   http://www.tekuteku-sanuki.jp/pamph/index.html

④天使のハロウィンinエンジェルロード(再掲)
 10月31日は、「ハロウィン」です。
この期間、恋人の聖地、小豆島のエンジェルロードでは、
「ジャック・オ・ランタン」の創作コンテストや
仮装ハロウィンパーティなどの楽しいイベントを開催します。
家族みんなで、お友達どうしで、そして恋人同士で、
エンジェルロードの天使とともに小豆島のハロウィンをお楽しみください。

★ハロウィン~ハロウィン仮装パーティー&仮装コンテスト~
【日時】10月31日(土)17:30~20:30
【場所】小豆島国際ホテルエンジェルロード沿テラス(土庄町)
【内容】
■17:30~20:30 ハロウィン仮装パーティー
 音楽演奏、「ジャック・オ・ランタン」創作コンテスト表彰式
 前売:一般3500円/子供2000円(料理・飲物込)
■18:00~19:30 ハロウィン仮装コンテスト(一般&子供の部)
 優勝☆高松-ソウル往復航空券(1名分)ほか賞品多数
★10月4日~30日はエンジェルロードに天使や
お化けのジャック・オ・ランタンが出現します。
【問合せ先】土庄町商工観光課 TEL0879-62-7004

(再掲・・・ぜひいらしてください。
      そして、フランス人から見た香川、四国のこと、
異文化コミュニケーションをお楽しみください。
見えてくるのは違いだけでなく、私たちが理解していなかった
日本や香川や私たちの素晴らしいところ、変なところ・・・
自分発見にもつながります。ぜひお楽しみに・・・)
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

(92)香りと色彩と・・・

 二十四節気では、
10月23日に霜降を迎えます。
七十二候では、
寒露の末候の蟋蟀在戸(こおろぎが戸のあたりで鳴く)から
霜降の初候の霜始降(霜が降り始める)です。

●「香り」と「色彩」
 旧暦では霜が降りる時期なのですね。
秋の夜長、鈴虫、蟋蟀、松虫など、
秋の虫の音色を聞き分け、楽しみ、夜長を楽しむのは、
世界広しと言えども、どうも日本人だけのようです。
もともと四季がある国自体が少ないですから・・・。

 四季折々の美しさに加え、島国で海洋に囲まれ、
海の幸、山の幸豊富で、
温泉、雨にも恵まれ、、でも私たちはそれがいつのまにか当たり前のことと
なって、次第に感謝しなくなっていました。
最近は、それではいけないということで、
地球温暖化防止、乱開発の禁止など、
自然との共生、地球に優しい人間目指してなどと、
耳障りはいいですが、実はそれこそ人間の自然に対する不遜な態度であって、
なにも自然は、地球は人間だけのために存在するのではありませんが、
何時の間にか、人間が主、自然が従となってきています。
このあたりの基本姿勢から見直していかないと、
自然のしっぺ返しをうけそうです。

 「虫は鈴虫、松虫、はたおり、きりぎりす」
これは、平安時代、清少納言によって書かれた
随筆『枕草子』の一文です。
皆さんは、この秋、どのくらい虫の音を楽しんでいますか?
外国人からは、感性、感受性豊かな日本人と言われていても、
もしかしたら、それは多くの現代の日本人ではなく、
もう今では少なくなってしまった昔の日本人の感性を持つ
日本人なのかもしれません。
優雅な秋の一日は、少し戸外に出て、
もうオリオン星座が東の空に見える素敵な星空のもと、
夜風にあたりながら少し散策して、虫の音を楽しんでみてはどうでしょうか?

 しかし、実は、この素敵な虫の音も、
子孫を後世に残すための厳しい生存競争に勝ち抜くための
雄たけびだということも忘れないでください。

 金木犀の素敵な香りが、街のあちこちに漂っています。
この金木犀などのいい香りをかぐたびに、
私は数年前に映画「パフューム ある人殺しの物語」を思い出します。
この映画の予告編を偶然に見て、
香りを映像化した映画というキャッチコピーに敏感に反応し、
封切が待ちきれずに出かけましたが、なかなかの出色の映像美でした。
確かに実際に香りはなかったのですが、しかし、
私の気持ちは不思議な香りで満たされていました。
まさに、香りを映画化したものと言ってもおかしくはなく、
それからというもの、妙に香りに過敏に反応しています。

 室町時代から、香りは、「香道」として、
文化芸術の分野で特異な分野を占めてきました。
多くはこれからまた勉強して皆さんにお伝えできることは
お伝えしていこうと思っていますが、何か「香道」について、
ご存知の方がおられましたら、今後いろいろご教授ください。

 「香り」が伝わったのは、口伝によれば、淡路島に偶然流れ着いた
流木を漁師が薪にしたところ、今まで経験したこともない
いい匂いがして驚き、奈良の都に届けて、
当時の聖徳太子も体感して驚き、それが中国から香木を輸入した
きっかけになったのではないかと言い伝えられています。
漁師も太子も、香りの不思議さ、豊かさにはさぞかし驚かれたのだと思います。
私は、かねてから思っているのですが、
仏教が欽明天皇の時代の6世紀中ごろに伝わってきて、
確かにその教えは大切だと思うのですが、
庶民が教えを理解するのはたいへんだったと思います。
そういう意味で、香りを如何に効果的に活用するのかは、
大切なことではなかったかと思います。
また、当時の寺社は、当時としては中国建築の影響を受けて
壮大な建築物であったと思われますし、
単に建物の大きさだけではなく、当時日本には存在していなかった
極彩色の建物は、さらに人々を驚かし、感動させたものだと思います。
仏教の普及には、教えや寺社の迫力はもちろんのこと、
現代では当時の雰囲気があまり実感できない
「香り」や「色=極彩色」での効果は、人々を驚嘆させるのに十分であり、
そのようなものをいち早く大陸から取り寄せたものこそ、
多くの庶民の気持ちを掌握したのではないだろうかと思っています。
現代ではあまりにも当たり前になっている、「香り」や「色」、
でも、それを初めて、嗅ぎ、眼にした驚きは、
想像を超えるものだと思われます。
人々を驚嘆させるには、五感に訴えかけるのが一番です。
その驚いた状態で、話を始めることほど、
効果的な布教はないはずです。

 私たちが思う以上に、都は華やかであり、
煌びやかであったと思います。
キトラ古墳、高松塚古墳の石室の色鮮やかさは、
それも物語っていると思います。

「香り」、「色彩」私たちよりずっと感性がよかったのかもしれません。
 
●「金子みすゞ」について・・・NO4
 今回で金子みすゞさんの紹介は、4回目になりますが、
多くの反響があり、驚いています。
やはり、彼女については名前は知ってたけど、詩はほとんど知らず、
今回、彼女の詩を紹介してもらって読んで感動した方が一番多く、
でも、彼女の詩は、実は、通っている幼稚園や保育園で、
詩を読む会で朗読されたり、
毎月発行されている幼稚園・保育園便りで紹介されているところもあって、
それはすごいとうれしい限りです。
園長さんもどこかで感動されたのだと思います。
幼児の時から、彼女の優しい詩を声に出して読む環境ほど、
素晴らしい環境はないと思います。

 彼女の作品は、実は、現在の金子みすゞ記念館の館長でもあります
児童文学者の矢崎節夫氏の功績が大であります。
氏の努力によって、実は埋もれていた彼女の作品が世に出て、
小学校の教科書や東京大学の入試問題まで取り上げるようになった
次第です。

 1930年に26歳という短い人生を自らの意思で
離婚した夫から愛娘を守ろうという抗議の死を選択してから、
没後80年を来年に迎えます。

 金子みすゞ記念館は、山口県仙崎市にあります。
確か2003年頃にオープンしたと記憶しています。
ぜひ一度お出かけください。
心が洗われるような感動を受けること、間違いないです。
お勧めです。そのためにも彼女のこと、
少しでも多くの詩を読んでお出かけください。
ご両親、お子さんと3世代で楽しめます。

 ○金子みすゞ記念館のURL
   http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/misuzu/

   だれの心の中にも、みすゞさんはいます。
   あなたの心の中のみすゞさんに出会ってくださるとうれしいです。
                        (矢崎節夫館長)

◎つもった雪
 上の雪
 さむかろな。
 つめたい月がさしていて。

 下の雪
 重かろな。
 何百人ものせていて。

 中の雪
 さみしかろな。
 空も地面(じべた)もみえないで。


◎きりぎりすの山登り
 きりぎつちょん、山登り
 朝からとうから、山登り。
 ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 山は朝日だ、野は朝露だ、
 とても跳ねるぞ、元気だぞ。
 ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 あの山、てっぺん、秋の空、
 つめたく触るぞ、この髭に。
 ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 一跳ね、跳ねれば、昨夜見た、
 お星のもとへも、行かれるぞ。
 ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 お日さま、遠いぞ、さァむいぞ、
 あの山、あの山。まだとほい。
 ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

 見たよなこの花、白桔梗、
 昨夜のお宿だ、おうや、おや。
 ヤ、ドッコイ、つかれた、つかれた、ナ。

 山は月夜だ、野は夜露、
 露でものんで、寝ようかな。
 アーア、アーア、あくびだ、ねむたい、ナ。

◎カナリヤ
 唄を忘れた金糸雀は 後ろの山に棄てましょか
 いえ いえ それはなりませぬ

 唄を忘れた金糸雀は 背戸の小藪に埋(い)けましょか
 いえ いえ それはなりませぬ

 唄を忘れた金糸雀は 柳の鞭でぶちましょか
 いえ いえ それはかわいそう

 唄を忘れた金糸雀は 象牙の船に 銀の櫂
 月夜の海に浮かべれば 忘れた唄をおもいだす


●観光情報発信!
①瀬戸内国際芸術祭 キックオフイベント
 これまで、イメージだけでしか伝えられなかった芸術祭ですが
これで、作家の顔や作品構想など、ベールが取り除かれます。
ぜひとも、ご参加ください。詳細は、次のとおりです。

◎瀬戸内国際芸術祭キックオフ・イベント
開催日:10月25日(日)14:00~17:00
場 所:アルファあなぶきホール(香川県県民ホール) 大ホール
定 員:1,300人(当日受付・先着順)
入 場:無料
主 催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会

 2010年7月19日の瀬戸内国際芸術祭開催に向けて、
参加アーティストの発表やアーティスト達のアート企画について
トークショーを開催します。
○ オープニング ― 小豆島太鼓演奏 
○ 瀬戸内国際芸術祭の新しいポスターとロゴの発表
○ 参加予定アーティスト発表
○ アーティスト対談(北川フラム×アーティスト)
○ エンディング ― 直島女文楽公演

 大勢の参加をお待ちしています。


②四国を軽くしよう!2009年冬の陣・・・
 四国の4大学の若者集団、四国青年NGO HOPE 事務局が、
この冬に行動します。
名づけて、「四国を軽くしよう!2009年冬の陣」
詳細は以下のとおりです。

【企画名】
四国を軽くしよう! 2009年冬の陣

【目的】
 四国各地には、青年活動に取り組む青年が多く存在します。
彼らはその想いを遂げるため、地域社会・住民とのパートナー
シップ体制の構築を望んでいますが、得てして青年と地域住民が出会い、
対話する機会は少なく、効果的なパートナーシップ体制は
あまり多くありません。
 本企画は、地域社会における環境問題への意識の向上は
当然のことながら、同時に、青年と地域住民がパートナーシップ体制を
構築するためのきっかけを提供することも目的としています。
なお、今後は年間2回の定期開催を予定しています。

【企画概要】※全会場共通
 四国4会場に有志で集まった参加者が、“同じ日”の“同じ時間”に、
各会場周辺のゴミ拾いを行います。それによって集まったゴミを
持って、“同じ日”の“同じ時間”にジャンプすることで、
集めたゴミの重さ分だけ四国が軽くなります。

[開催日]
  2009年12月6日(日)

[タイムライン]
  10:00 正門集合
  10:30 ゴミ拾い開始
  11:30 ゴミ拾い終了
  12:00 ジャンプ

[参加費]
  無料

【主催・運営協力】
 主 催:四国青年NGO HOPE
 愛媛会場運営協力
  まつやまNPOサポートセンター・重信川エコリーダー
  Re:cap~みんなのチカラ~プロジェクト・
  愛媛大学ECOキャンパスサポーター
 香川会場運営協力
  四国経済産業局・四国環境パートナーシップオフィス
  香川大学教育学部学生連合ネットワーク・
  香川大学サークル連合H.O.P
 高知会場運営協力
  高知大学環境サークルESWIQ・環境活動支援センターえこらぼ
  高知県ボランティア・NPOセンター・NPO法人 NPO高知市民会議
  NPO法人 NPO高知市民会議・NPO法人 高知市こども劇場
 徳島会場運営協力
  徳島大学学生ボランティア部・R-Style

【開催場所】
 愛媛会場:愛媛大学城北キャンパス
 香川会場:香川大学幸町キャンパス
 高知会場:高知大学朝倉キャンパス
 徳島会場:徳島大学常三島キャンパス

 ご意見はいろいろあるとは思いますが、
学生が行動を起こすのはやはりすごいことです。
それも一人ではなくて、四国でまとまって行動はすごいです。
まずは、行動、そしてスタートです。
みんなで応援しませんか?
さらに一歩踏み出し、学生たちに参加してみませんか!

青鬼くんの観光情報-イベント情報など、観光香川のとっておき情報
 てくてくさぬき秋 実施中です!

 「てくてくさぬき」の秋は、「さぬき文化祭」をテーマに
様々なプログラムを実施しています。
全98コース実施するまち歩きのほか、文化財遺産の特別公開や、
食文化企画、手業体験や瀬戸内海クルーズなども実施中です。
また、いよいよ秋祭りのシーズンが到来です!香川の秋を楽しんでください。

 ◇てくてくさぬき香川のまつり
   http://www.tekuteku-sanuki.jp/pickup/08.html

 ◇てくてくさぬきホームページ
   http://tekuteku-sanuki.jp/

 ◇てくてくさぬきパンフレット(秋)
   http://www.tekuteku-sanuki.jp/pamph/index.html

④栗林公園10月イベント情報
 金木犀の香り漂う秋の栗林公園。秋風の吹き抜ける園内を散策して、
すがすがしい秋の空気を胸いっぱいに吸い込めば、
心も体もさわやかにリフレッシュ。木陰で読書や物思いに耽ったり、
秋の風景をキャンバスに描いたりと、友達や恋人と一緒に、
ご家族で、あるいはお一人でもそれぞれの秋を
栗林公園で満喫してみませんか。

★10月の庭園コンサート
KJO栗林公園コンサート
 【日時】10月25日(日曜日)10時30分~11時10分
 【場所】栗林公園 商工奨励館北館(演奏)及び北側芝生広場
 【出演】KJO
     (かがわジュニア・ニューフィルハーモニック・オーケストラ)

※料金は栗林公園の入園料のみ必要。
 【問合せ先】香川県観光振興課 電話087-832-3361
       香川県栗林公園観光事務所 電話087-833-7411

⑤天使のハロウィンinエンジェルロード
 10月31日は、「ハロウィン」です。
この期間、恋人の聖地、小豆島のエンジェルロードでは、
「ジャック・オ・ランタン」の創作コンテストや
仮装ハロウィンパーティなどの楽しいイベントを開催します。
家族みんなで、お友達どうしで、そして恋人同士で、
エンジェルロードの天使とともに小豆島のハロウィンをお楽しみください。

★ハロウィン~ハロウィン仮装パーティー&仮装コンテスト~
【日時】10月31日(土)17:30~20:30
【場所】小豆島国際ホテルエンジェルロード沿テラス(土庄町)
【内容】
■17:30~20:30 ハロウィン仮装パーティー
 音楽演奏、「ジャック・オ・ランタン」創作コンテスト表彰式
 前売:一般3500円/子供2000円(料理・飲物込)
■18:00~19:30 ハロウィン仮装コンテスト(一般&子供の部)
 優勝☆高松-ソウル往復航空券(1名分)ほか賞品多数
★10月4日~30日はエンジェルロードに天使や
お化けのジャック・オ・ランタンが出現します。
【問合せ先】土庄町商工観光課 TEL0879-62-7004

⑥-ようこそ! 今こそ四国を世界に発信-
 “一般公開”「四国モニターツアー」報告会・交流会のご案内
 共催:香川EU協会、�%9a@n7P:QF1M'2q� 国際委員会

  四国夢中人inパリ実行委員会(代表 尾崎美恵氏)主催による
 四国モニターツアーの報告会です。
 四国モニターツアーは、平成21年10月10~22日、
 5名のフランス人ブロガーが、香川を中心に四国の観光地を巡り、
 彼らのブログから「遍路文化」や「瀬戸内海」の魅力を世界に発信し、
 “クール四国”を世界に売り出してもらおう、という事業です。

  また、報告会終了後には交流会を行います。
 立食パーティ形式にしておりますので、

         記
 日時 平成21年10月20日(火)15:00~18:30
 場所 リーガホテルゼスト高松3F 
 報告会:翡翠の間 交流会:ダイヤモンドの間 

 報告会 15:00~17:00

◆基調講演 
 演 題 『何が西洋を魅了するのか?  ~日本の伝統・現代文化~ 』
 講 師 早稲田大学 特別講師 ウィリアム・リード氏
 リード氏はアメリカ生まれ。1972年に早稲田大学へ
 交換留学生として来日し、以来37年間日本に滞在。
 日本文化に造詣が深く、日本語も堪能。書道家。
 武道家(合氣道7段)


◆パネルディスカッション  
 出演者(予定)  
○フローラン・ポルタ・・・グラフィック・写真デザイナー、来日経験なし
   www.utsuru.fr 

○オルラー・サロメ・・・6歳からマンガを通じ日本に興味ある21歳大学生、
  来日1回  http://paniqueencuisine.over-blog.com

○デルフィーユ・マシュ・・・イラストレーター、来日経験なし
  http://akiki.canalblog.com

○フランク・フルリー・・・建築専門写真家、来日5回 
  www.franckfleury.com 

○ソフィー・ルベール・・・香川県国際交流員として2年間香川に滞在。
  現在、日本庭園の紹介者としてフランスで活躍中。
   http://lesjardinsdesanuki.blogspot.com 

○デイヴィド・ミショ・・・仏人カメラマン 神奈川在住
   www.lejapon.fr

 交流会 (立食形式) 17:00~18:30 
 会 費  7,000円 (当日、領収証と引き換えに集めさせて頂きます。)

 参加申込 
 参加の方は、下記参加申込票により、10月15日(木)までに
 FAX、またはeメールにて事務局迄ご返信下さい。

 照会先  香川EU協会、
      (社)香川経済同友会 事務局長 元山 清 (担当:瀬川)
TEL087-821-8754 FAX087-823-1160 
       eメール kkdoyu@orange.ocn.ne.jp

  (再掲・・・ぜひいらしてください。
      そして、フランス人から見た香川、四国のこと、
  異文化コミュニケーションをお楽しみください。
  見えてくるのは違いだけでなく、私たちが理解していなかった
  日本や香川や私たちの素晴らしいところ、変なところ・・・
  自分発見にもつながります。ぜひお楽しみに・・・)

⑦第3回全国醤油サミット IN 醤の郷小豆島開催
 10月24日~25日にかけて、開催されます。

  詳細は、下記URLにアクセスください。
  http://www.town.shodoshima.lg.jp/olive_station/syoyu-samitto.html

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

(91)さぬき路は、秋真っ盛り・・・

 二十四節気では、
10月8日に寒露を迎えました。
七十二候では、
寒露の初候の鴻雁来(雁が飛来し始める)の候から
中候の菊花開(菊の花が開く)です。

 錦秋の候です。
そして、朝晩はめっきり涼しくなってきました。

 台風18号、雨は期待どおりには降ってくれませんでしたが、
幸いなことに被害も少なくほっと安堵しています。
台風にもかかわらず業務があり帰宅が遅くなるので、
台風18号の接近を翌日の明け方に控えた昼休みに、
「大雨に気をつけてください」とメールすると、
「うちは、雨より火の車です・・・」とのリプライ。
確かに毎月毎月厳しいマイナスが出ていますが・・・。
なんとも複雑な気持ちでした。

 連休中、
10日は、午前は英会話、
午後は県庁ホールにて、
てくてくさぬきトークショー「おもろいで~香川の文化遺産」とガイド、
夜は金刀比羅宮例大祭(御神輿御本宮発御)
11日は、恒例庭園コンサート(箏と尺八)、
午後はデパートの北海道物産展、
さぬき豊浜ちょうさ祭担きくらべ、
そして12日は、香川漆器伝統工芸士まつり、
福崎先生からのお誘いで、F・弦楽合奏団、
その後、LOVE NOTESコンサートと・・・

 晴天に恵まれ、県下各地大賑わいでした。
人口密度の集中度で言えば、やはりデパートの北海道物産展が圧倒的。
会場も狭かったので押し合いへし合い。
商品をゆっくり見るまもなく、
雑魚亭の寿司弁当、いかめし、ロイズコンフェクトには長蛇の列。
全国どのデパートも、北海道展は引っ張りだこのようです。
それにしてもほとんど客は女性。
試食もさることながら、買いっぷりも見事。
不況風どこ吹くかのように、品物が飛ぶように売れていました。
「食」は強しです。
この催し物、来週の日曜日まで、
後半戦は一部品物が変わって継続開催されています。

 そして、圧巻だったのは、F・弦楽合奏団の弦楽セレナーデでした。
ほんとうに久しぶりのクラシックでしたが、気持ちよかったです。
心が洗われるような心地よさでした。贅沢なひとときでした。
福崎先生には感謝です。

●「金子みすゞ」について・・・NO3
 金子みすゞは短い生涯の中で、なんと500以上の詩を作っています。
彼女の詩がなぜこれほどまで魂に響いてくるのでしょうか?
それは、徹底した生きものに対する優しさ、思いやりだと思います。
「武士道」の著者である新渡戸稲造が、
武士道とは「仁」と「義」であると説いた
あの「仁」(弱いものへのいたわり)です。
そして、よく言われているのが、
彼女の詩は、3世代が同時に理解できる詩であると・・・。
なるほどと思います。
3世代の人間が同時に理解し感動できます。
あの底なしのあふれんばかりの優しさ・・・。
私は読むたびに、生きる勇気をいただいています。
生きていることの素晴らしさを実感させていただいています。
そんな彼女がなぜ、
26年間という短い生涯を
自らの手で幕引きしなければいけなかったのか・・・・
それを思うと悔しくて仕方ありません。
逢いたい人です。


◎私と小鳥と鈴と
 私が両手をひろげても、
 お空はちっとも飛べないが、
 飛べる小鳥は私のやうに、
 地面(じべた)を速くは走れない。

 私がからだをゆすっても、
 きれいな音は出ないけど、
 あの鳴る鈴は私のやうに、
 たくさんな唄は知らないよ。

 鈴と、小鳥と、それから私、
 みんなちがって、みんないい。


◎不思議
 私は不思議でたまらない、
 黒い雲からふる雨が、
 銀にひかつてゐることが。

 私は不思議でたまらない、
 青い桑の葉食べてゐる、
 蠶が白くなることが。

 私は不思議でたまらない、
 たれもいぢらぬ夕顔が、
 ひとりでぱらりと開くのが。

 私は不思議でたまらない、
 誰にきいても笑つてて、
 あたりまへだ、といふことが。


◎土
 こッつん こッつん
 ぶたれる土は
 よいはたけになって
 よい麦生むよ。

 朝からばんまで
 ふまれる土は
 よいみちになって
 車を通すよ。

 ぶたれぬ土は
 ふまれぬ土は
 いらない土か。

 いえいえそれは
 名のない草の
 おやどをするよ。

●情報発信
◎第16回高松秋のまつり
 「仏生山大名行列」が、17日(土)、18日(日)に開催。
 1.5キロの道を歩く大名行列は、18日(日)のみです。
 出陣式は13時50分から始まり、
 ゴールの仏生山公園野外劇場到着は、15時40分。
 合計4回の殺陣演舞があります。

  また、17日(土)の19時から30分間、花火も打ち上げられます。

  仏生山、かつては、菊人形展で大賑わいしたところでもありますが、
 この菊人形展、全国では数少なくなっています。
 懐かしさもあって見に行きたいですね。

仏生山大名行列
 http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kankou/akinomaturi/akinomaturi.html

◎こんぴらさん 足湯オープン
  こんぴらさんの参道に、9月3日から足湯がオープンしました。
 雄美堂が駐車場を足湯スペースに改造。
 「ゆうび泉」と名づけられています。
 琴平町の源泉から湯を引いていて、あったまります。
 横の「ゆうび庵」では、簡単な食事もできますし、お店の人に言えば、
 足湯に浸かりながらの食事も可能です。
 ぜひ、一度お試しください。

◎-ようこそ! 今こそ四国を世界に発信-
 “一般公開”「四国モニターツアー」報告会・交流会のご案内
 共催:香川EU協会、�%9a@n7P:QF1M'2q� 国際委員会

  四国夢中人inパリ実行委員会(代表 尾崎美恵氏)主催による
 四国モニターツアーは、国土交通省四国運輸局 平成21年度
 VJC(よーこそジャパンキャンペーン)地方連携事業に認定された
 四国PR事業です。
 四国モニターツアーは、平成21年10月10~22日、
 5名のフランス人ブロガーが、香川を中心に四国の観光地を巡り、
 彼らのブログから「遍路文化」や「瀬戸内海」の魅力を世界に発信し、
 “クール四国”を世界に売り出してもらおう、という事業です。

  本ツアーの締めくくりとなる標記報告会では、基調講演のほか、
 2週間の滞在で5名のブロガーたちが四国の何に魅力を感じ、
 どこに失望したか等、ストレートな感想を話して頂く予定です。

  また、報告会終了後には交流会を行います。
 立食パーティ形式にしておりますので、
 是非、青年たちと直接交流して頂ければと思います。
 ぜひ多数ご出席下さい。

         記
 日時 平成21年10月20日(火)15:00~18:30
 場所 リーガホテルゼスト高松3F 
 報告会:翡翠の間 交流会:ダイヤモンドの間 

 報告会 15:00~17:00

◆基調講演 
 演 題 『何が西洋を魅了するのか?  ~日本の伝統・現代文化~ 』
 講 師 早稲田大学 特別講師 ウィリアム・リード氏
 リード氏はアメリカ生まれ。1972年に早稲田大学へ
 交換留学生として来日し、以来37年間日本に滞在。
 日本文化に造詣が深く、日本語も堪能。書道家。
 武道家(合氣道7段)

◆パネルディスカッション  
 出演者(予定)  
○フローラン・ポルタ・・・グラフィック・写真デザイナー、来日経験なし
   www.utsuru.fr 

○オルラー・サロメ・・・6歳からマンガを通じ日本に興味ある21歳大学生、
  来日1回  http://paniqueencuisine.over-blog.com

○デルフィーユ・マシュ・・・イラストレーター、来日経験なし         http://akiki.canalblog.com 

○フランク・フルリー・・・建築専門写真家、来日5回 
  www.franckfleury.com 

○ソフィー・ルベール・・・香川県国際交流員として2年間香川に滞在。
  現在、日本庭園の紹介者としてフランスで活躍中。             http://lesjardinsdesanuki.blogspot.com 

○デイヴィド・ミショ・・・仏人カメラマン 神奈川在住
  www.lejapon.fr

 交流会 (立食形式) 17:00~18:30 
 会 費  7,000円 (当日、領収証と引き換えに集めさせて頂きます。)

 参加申込 
 参加の方は、下記参加申込票により、10月15日(木)までに
 FAX、またはeメールにて事務局迄ご返信下さい。

 照会先  香川EU協会、
      (社)香川経済同友会 事務局長 元山 清 (担当:瀬川)
TEL087-821-8754 FAX087-823-1160 
       eメール kkdoyu@orange.ocn.ne.jp


○◆ *足立美術館の日本庭園が6年連続日本一に!*
   栗林公園は、6位。
米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」
(JOJG)が「2008年日本庭園ランキング」を発表し、
  足立美術館の庭園を6年連続で「庭園日本一」に選びました。
JOJGは、米国在住のダグラス・ロス氏が日本庭園を
  世界中に紹介するために、1998年に創刊した英語の隔月刊誌で、
  大学や図書館などの教育関係者、造園関係者ら、英語圏を中心とする
  世界37ヵ国の人々に親しまれているものです。
  このランキングは、日・米・豪の専門家たちが
  2003年から2008年にかけて合計803ヵ所の庭園を調査し、
  庭そのものの質、建物との調和、利用者への対応などを
  総合的に判断し順位がつけられました。
  そのうち当館の庭園は、「日本の(いやおそらくは世界の)トップに
  連続で選ばれている」とし、「成功の要因は、美術館のスタッフ一人
  ひとりが毎日参加する、徹底した庭の手入れと維持管理によるところが
  大きい」と評価しています。
  世界が認めた庭園を、ぜひ皆様自身の眼でお確かめになってください。

《ランキング上位5位》
1位 足立美術館(島根県)
2位 桂離宮(京都府)
  3位 養浩館(福井県)
4位 山本亭(東京都)
5位 無鄰菴(京都府)
  6位 栗林公園(香川県)
     広大な敷地の大名庭園では1位
    
「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」
ホームページはこちらをご覧ください。
   http://www.rothteien.com/

◆ *全国書店にて発売されています!*
 足立美術館の創設者・足立全康の波乱の生涯を綴った自叙伝
  「庭園日本一 足立美術館をつくった男」が、
  全国書店にて発売されています。
   6年連続日本一に選ばれた日本庭園と、横山大観をはじめとする
  近代日本画コレクションで知られる足立美術館
  常に人々を魅了しつづけるこの美の空間を、一代で築き上げた
  足立全康とは一体どういう人物なのか。
  自らの人生を“男おしん”と振り返る全康の夢とロマンの一代記を
  ぜひご覧ください!

  「金儲け、社会還元、道楽、三つとも該当する」――
  そういいながら71歳で日本一の庭園美術館を創った人物――
  凄い!(堺屋太一氏推薦)

 タイトル:『庭園日本一 足立美術館をつくった男』 足立全康著
出版社:日本経済新聞出版社
定 価:1,890円(税込み)

※同書の初版は『九十坂越えてますます夢ロマン』という書名で、
  当館から出版されたもののリニューアルです。

青鬼くんの観光情報-イベント情報など、観光香川のとっておき情報
 てくてくさぬき秋 実施中です!

  「てくてくさぬき」の秋は、「さぬき文化祭」をテーマに
 様々なプログラムを実施しています。
 全98コース実施するまち歩きのほか、文化財遺産の特別公開や、
 食文化企画、手業体験や瀬戸内海クルーズなども実施中です。
  また、いよいよ秋祭りのシーズンが到来です!
 香川の秋を楽しんでください。

 ◇てくてくさぬき香川のまつり
   http://www.tekuteku-sanuki.jp/pickup/08.html

 ◇てくてくさぬきホームページ
   http://tekuteku-sanuki.jp/

 ◇てくてくさぬきパンフレット(秋)
   http://www.tekuteku-sanuki.jp/pamph/index.html

栗林公園10月イベント情報
 金木犀の香り漂う秋の栗林公園。秋風の吹き抜ける園内を散策して、
すがすがしい秋の空気を胸いっぱいに吸い込めば、
心も体もさわやかにリフレッシュ。木陰で読書や物思いに耽ったり、
秋の風景をキャンバスに描いたりと、友達や恋人と一緒に、
ご家族で、あるいはお一人でもそれぞれの秋を
栗林公園で満喫してみませんか。

★10月の庭園コンサート
1.jetおさんぽコンサート
【日時】10月18日(日曜日)11時~、13時~
【場所】栗林公園 商工奨励館北館及び檜御殿跡芝生広場
【出演】jetおさんぽ隊
   (全日本エレクトーン指導者協会所属のヤマハエレクトーン講師で
    構成されたグループ)

2.KJO栗林公園コンサート
 【日時】10月25日(日曜日)10時30分~11時10分
 【場所】栗林公園 商工奨励館北館(演奏)及び北側芝生広場
 【出演】KJO
     (かがわジュニア・ニューフィルハーモニック・オーケストラ)

※ともに料金は栗林公園の入園料のみ必要。
 【問合せ先】香川県観光振興課 電話087-832-3361
       香川県栗林公園観光事務所 電話087-833-7411

●天使のハロウィンinエンジェルロード
10月31日は、「ハロウィン」です。
この期間、恋人の聖地、小豆島のエンジェルロードでは、
「ジャック・オ・ランタン」の創作コンテストや
仮装ハロウィンパーティなどの楽しいイベントを開催します。
家族みんなで、お友達どうしで、そして恋人同士で、
エンジェルロードの天使とともに小豆島のハロウィンをお楽しみください。

★ハロウィン~ハロウィン仮装パーティー&仮装コンテスト~
【日時】10月31日(土)17:30~20:30
【場所】小豆島国際ホテルエンジェルロード沿テラス(土庄町)
【内容】
■17:30~20:30 ハロウィン仮装パーティー
 音楽演奏、「ジャック・オ・ランタン」創作コンテスト表彰式
 前売:一般3500円/子供2000円(料理・飲物込)
■18:00~19:30 ハロウィン仮装コンテスト(一般&子供の部)
 優勝☆高松-ソウル往復航空券(1名分)ほか賞品多数
★10月4日~30日はエンジェルロードに天使や
お化けのジャック・オ・ランタンが出現します。
【問合せ先】土庄町商工観光課 TEL0879-62-7004

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

ブログ内検索

与一ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

記事アーカイブ
讃岐電光掲示板
カテゴリ-・リンク
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本庭園へ
日本庭園
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
四国の人気ブログ

FC2Blog Ranking

関連 リンク集
NHK 時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
国盗りカウンター
FC2カウンター
頑張れ ! 琴平電気鉄道 !!
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
記事へのコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

トラックバック
プロフィール

与一の矢

Author:与一の矢
讃岐の扉!ふるさとに潤いを !!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。